TOP > 競輪 > 前橋G1(1日目)ピックアップ

競輪

2018/10/05

Perfecta編集部

前橋G1(1日目)ピックアップ

前橋G1(1日目)ピックアップ

2018年10月5日
前橋G1(1日目)第27回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント

【12R=S級・日本競輪選手会理事長杯】

1/浅井康太(SS・三重90期)
2/平原康多(SS・埼玉87期)
3/成田和也(S1・福島88期)
4/中川誠一郎(S1・熊本85期)
5/三谷竜生(SS・奈良101期)
6/河端朋之(S1・岡山95期)
7/武田豊樹(SS・茨城88期)
8/南潤(S2・和歌山111期)
9/諸橋愛(SS・新潟79期)

打鐘後、逃げる南の番手・三谷を捌いて、平原が2番手をキープ。
武田、諸橋の関東ラインもシッカリ平原を追走。

最終BS、中川が捲りを放つが、それに併せて平原も前に踏む。
そして、最後の直線で平原が差し切って1着に。
武田、諸橋も続き、関東ラインの上位独占のレースとなった。

1着/平原康多(SS・埼玉87期)
厳しかったですけど、良いスイッチが入って決めることができましたね。
落車後だけど集中して乗れました。
G1を勝つ為にやっているんでね。

12

ページの先頭へ

メニューを開く