TOP > 競輪 > 取手G3(最終日)レポート

競輪

2018/11/13

Perfecta編集部

取手G3(最終日)レポート

取手G3(最終日)レポート

2018年11月13日 取手G3(4日目)水戸黄門賞

【12R=S級決勝】

1/吉澤純平(S1・茨城101期)
2/山崎賢人(S2・長崎111期)
3/五十嵐力(S1・神奈川87期)
4/吉田敏洋(S1・愛知85期)
5/山中秀将(S1・千葉95期)
6/林巨人(S1・愛知91期)
7/和田健太郎(S1・千葉87期)
8/松谷秀幸(S1・神奈川96期)
9/山崎芳仁(S1・福島88期)

号砲から1周回半で並びは落ち着く。
46・57・183・2・9の細切れ戦。

赤板突入前から吉澤が前へ、それに山中も併せる。

しかし、吉澤が抑えて主導権。
打鐘を迎え、183、57千葉コンビの外に単騎の山崎賢と山崎芳、46

地元記念連覇を狙う吉澤の先行態勢で最終周回。
だが、最終第2コーナーから山崎賢が捲りを放つ。

BS過ぎでの松谷のブロックもかわして、第2センターで完全に出切った。
そして、後続を大きく引き離して、山崎賢が真っ先にゴールラインへ飛び込む。

2着は吉澤の番手・松谷、3着は中を突っ込んできた山中。

デビューから約1年3ヶ月、山崎賢は記念競輪初V。
(111期では和歌山・南潤に続いて2人目)

今開催、一次予選からオール1着の完全優勝で決めた。

優勝/山崎賢人(S2・長崎111期)
後ろに置かれるのは大丈夫だったんですけど、牽制とかキツかったですね。
踏み出した感触でいけると思いました。
先にいくだけじゃなくて、粘れるところも見せられて良かった。
完全優勝、記念初優勝という結果は嬉しいです。
でも、内容が……ラインで決まってないし、自分の仕掛けも遅いのは課題。
競輪祭に向けて弾みがついたので頑張りたい。
当然、G1やG2も狙いたいですけど、まずは自分の役割をシッカリやる。
ラインで決められるようにしたいですね。

12

ページの先頭へ

メニューを開く