TOP > 競輪 > 小倉G1(3日目)競輪祭

競輪

2018/11/23

Perfecta編集部

小倉G1(3日目)競輪祭

小倉G1(3日目)競輪祭

2018年11月22日 小倉G1(3日目)朝日新聞社杯競輪祭

【11R=L級トライアルレースB決勝】

1/石井寛子(L1・東京104期)
2/梶田舞(L1・栃木104期)
3/石井貴子(L1・千葉106期)
4/長澤彩(L1・愛知106期)
5/鈴木美教(L1・静岡112期)
6/山原さくら(L1・高知104期)
7/梅川風子(L1・東京112期)

7・1・2・3・4・6・5で並びは整う。
赤板に入り、第1センターからまずは5番手の長澤が動く。
長澤に乗って、山原も上昇して打鐘を迎える。
打鐘後、すぐに山原が飛び出して、石井貴が山原に続く。

最終HS、4番手から石井寛が一気に踏み込んで山原から主導権を奪う。

第2コーナーで石井寛の後ろに付いていた梅川が空いた内を見逃さずにイン捲り。

そして、梅川は最終BS手前から先頭に。
最後までスピードは緩むことなく、後続に2車身の差を付けてゴールラインへ飛び込んだ。
2着は中団キープから最後の直線で外から差し込んだ鈴木、3着には石井寛が残った。

梅川は賞金10位ながら、新設のトライアルレースを制したことでガールズケイリングランプリの出場権を獲得。
下剋上を果たして、初の夢舞台への切符を手中に収めた。


優勝/梅川風子(L1・東京112期)
グランプリ出場が決まったことは凄い嬉しいです。
予想以上にみなさんが早く動いた。
1人〜2人くらいだと思ってたのに、みんな一斉に動いたのは読み切れなかった。
咄嗟の判断と言うか、見切り発車。(最終第2コーナーでインを突いた)
そこしかコースが空いていなかったので行くしかなかったです。
最後に差されると思っていた、ゴール線で1着を確信できました。
今年のグランプリということに関してはこだわりが薄いと言うか、自分はまだまだ成長しなきゃいけない課程だと。
だから、あまり意識はしないで臨んでいました。
グランプリまで1ヶ月半、残り短いので、計画的にトレーニングを積まなければいけないなと思います。

123

ページの先頭へ

メニューを開く