TOP > 競輪 > 福井G3(最終日)レポート

競輪

2017/07/25

Perfecta編集部

福井G3(最終日)レポート

福井G3(最終日)レポート

2017年7月25日
福井G3開設67周年記念不死鳥杯

【9R=S級エボリューション】

1/櫻井正孝(宮城100期)
2/中井俊亮(奈良103期)
3/吉永和生(広島80期)
4/テオ・ボス(オランダ)
5/掛水泰範(高知98期)
6/中村淳(栃木69期)
7/笠松信幸(愛知84期)

号砲後、位置取りがスンナリ決まった訳ではなかったが。
2周目を過ぎ、7531246で落ち着く。
鐘が入り、真ん中の櫻井が動くが、掛水が突っ張る形で最終周回。
最終第2コーナー辺りから、後位のボスが満を持して大外から豪快な捲りを見せる。
第3コーナー過ぎで先頭に躍り出てもスピードは落ちない。
結局は2着の吉永に8車身の大差をつける圧勝だった。

1着/テオ・ボス(オランダ)
リラックスしていたように見えたかも知れないけれども。
心の中では色々なことを考えて緊張していたよ。
ナカイとサクライが速い選手だと思っていたので、その後ろに付いた。
ペーサー(先頭誘導員)のペースが速かった。
だから、残り1周の時は自分にとってはいいスピードだった。
通常の競輪のレースよりもギアが軽い。
筋肉の使い方とかも変わるんだけれども、回転数で補った。
カーボンバイクで競輪のバンクを走れたのはいい経験。
9人ではなく、7人だったのでレースも見やすかった。
明日から1度、帰国する。
ジムとロードワークはするので完全な休暇ではない。
でも、リフレッシュして8月の名古屋のレースに戻ってくる。

12

ページの先頭へ

メニューを開く