TOP > 競輪 > KEIRINグランプリ2018前夜祭(共同記者会見)

競輪

2018/12/18

Perfecta編集部

KEIRINグランプリ2018前夜祭(共同記者会見)

KEIRINグランプリ2018前夜祭(共同記者会見)

2018年12月18日/グランドニッコー東京台場

【12月30日/11R=KEIRINグランプリ2018出場選手】


1/三谷竜生(奈良101期)
2年続けて出られて嬉しい、良い結果が出るように頑張りたい。
今年は前半戦でシッカリ結果を出せたんですけど、後半はちょっと思ったような走りができなかった。
でも、ここにきて調子は戻ってきた感覚がある。
近畿の2番手、脇本君の番手でやることをやって優勝したいです。
静岡はお客さんが多くて、声援が凄いイメージ。
走りやすいバンクだと思います。
車番は選べる順番が1番だったので1番車にしました。
今年のベストレースはダービー決勝、シッカリ獲り切れた、連覇することができたので。


2/浅井康太(三重90期)
今年もグランプリを走ることができて嬉しい。
3度目のグランプリ優勝を狙う、中部の先輩である山田裕仁さんがグランプリ連覇を達成していることも意識。
今年の前半は調子が悪く、ファンのみなさんにはご迷惑を掛けてしまった。
後半になって理論ははじめ、全ての部分が噛み合ってきた。
今後にもつながるグランプリになれば。
静岡は集客力がある、たくさんのファンの前で走るのは気持ちが良い。
今年は1番車で走ってきたので、1番車を希望したけど、無理だった。
次に赤が好きなので3番車が良いと思ったけど、脇本君が3番車に。
やっぱり、内枠が有利だと思うので、2番車にしました。
ベストレースは競輪祭決勝、3番手だったんですけど、シッカリ自分のタイミングで踏み込めたので。


3/脇本雄太(福井94期)*欠席
会場にいらしているファンの皆様、本日、前夜祭と共同記者会見に出席できないことは私自身も大変残念に思っております。
今はアメリカでナショナルチームの合宿を行い、さらなるレベルアップを求めて、トレーニングに励んでいるところです。
帰ってきましたら、グランプリでも凄く力強いレースができるようにシッカリ頑張ります。
応援、宜しくお願いします。
当日のレースは近畿の先頭で先行勝負をしたいと思います。
ファンの皆様の印象に残る、迫力のあるレースができるように精一杯頑張ります。


4/新田祐大(福島90期)*欠席
会場にお越しの皆様、日頃から競輪を愛して下さる皆様。
本日の前夜祭にはグランプリ出走メンバーが出席しているにも関わらず、会場へ伺うことができずに申し訳ありません。
現在、ナショナルチームの一員として世界と戦うため。
また、静岡競輪場で初めて開催されるグランプリレースで優勝するため、ナショナルチームの合宿地であるアメリカ・マイアミで日々、トレーニングに励んでおります。
静岡競輪場をはじめ、全国の競輪場、場外車券場で応援して下さる皆様。
また、テレビなどで応援して下さる皆様の期待を胸に、今年のグランプリこそは頂点に輝けるように精一杯走り抜きます。
静岡競輪場初開催となるKEIRINグランプリ2018を楽しみにしていて下さい。
当日のレースでは先行、捲り、追い込み、全てを駆使して頑張ります。
応援、宜しくお願いします。


5/村上博幸(京都86期)
もうダメかと思ったこともあったけど、4年ぶりにグランプリへ戻ってこられて嬉しい。
努力した結果だとも思うし、周囲の支えのおかげがあったからこそ、心から感謝しています。
今年はケガが少ない1年で良かった。
グランプリは強い選手ばかりなので気合いが入る。
静岡競輪場のバンクは癖もなく走りやすいし、相性も良いです。
近畿の4番手で頑張ります。
自分は5番車という番組が多いイメージだったので。
今年のベストレースは全日本選抜の準決勝とダービー初日の特選、最後にシッカリ突っ込めたので。


6/清水裕友(山口105期)
本当に今でも自分がグランプリに出場するのが信じられない。
グランプリはテレビでしか観たことがなかったけど、出場するからには力一杯に頑張るだけ。
凄く緊張しているし、この場にいられることの幸せを噛み締めている。
単騎ですけど、シッカリ勝てるように、見せ場を作れるようにしたい。
5番車が第1希望だったんですけど、6番車しか余っていなかった(苦笑)。
6番車で頑張りますっ!
ベストレースは防府記念の決勝です。
今年の目標が地元記念で優勝だった、狙っていたので。


7/平原康多(埼玉87期)
今年もグランプリを走ることができて幸せ、全てを出し切る。
中盤くらいまでは満足できなかったが、後半になってようやく良くなってきた。
脇本君の走りも刺激になりました。
グランプリは何度、走っても獲れていない。
だから、重みを感じています。
自分が武田さんの前で自力。
静岡競輪場で特に結果が良い訳じゃないですけど、走りやすいバンクという印象。
まぁ、オレンジも好きな色ではあるので7番車で(笑)。
今年のベストレースですか……一つも思い浮かばないですね。
グランプリがベストになるようにしたい。


8/武田豊樹(茨城88期)
静岡でのグランプリを走ることができて嬉しいです。
持っている力を出せるように頑張る。
年々、苦しくなってきている、段々と脚力も落ちていることも実感しているので。
平原君の後ろで頑張るだけ、静岡は相性は悪くない。
グランプリでの8番車は何度かあるので。
ベストレースはオールスターで、平原君とワンツーが決まったレースですね。


9/村上義弘(京都73期)
昨年は悔しい想いをした。
S級1班で走って、初心に戻った1年だった。
11回目のグランプリ、デビューした頃はたいした選手じゃなかったんですけどね。
それなりに頑張ってきたんやなと、今になって思います。
今年は脇本君が近畿を、競輪界を引っ張ってきた、盛り上げてきた。
それを自分が崩す訳にはいかない、近畿の3番手で頑張る。
静岡は若い頃から相性が良い。
内枠を希望していたけど、外側でお客さんに一番近い9番車で。
今年のベストレースは……ここまで考える時間はたくさんあったのに思い浮かばなかったです(苦笑)。

123

ページの先頭へ

メニューを開く