TOP > 競輪 > 奈良G3(最終日)レポート

競輪

2019/02/19

Perfecta編集部

奈良G3(最終日)レポート

奈良G3(最終日)レポート

2019年2月19日
奈良G3(最終日)春日賞争覇戦

【12R=S級決勝】

1/村上博幸(SS・京都86期)
2/小倉竜二(S1・徳島77期)
3/新山響平(S1・青森107期)
4/原田研太朗(S1・徳島98期)
5/山崎芳仁(S1・福島88期)
6/長島大介(S1・栃木96期)
7/村田雅一(S2・兵庫90期)
8/竹内智彦(S1・宮城84期)
9/佐藤慎太郎(S1・福島78期)

並びは42・17・6・3598。

まずは青板から後団の新山が動く。

そして、原田と小倉の徳島ラインを抑える。
村上も併せて前へ出る。

赤板周回、新山の番手を村上が奪いにいく。

打鐘前、第2コーナー過ぎで完全に村上が新山の番手を取り切った。

最終周回、逃げる新山を村上がピッタリ追走する。
そして、後続は車間が空いて、一本棒状態。
第2コーナー過ぎから原田も捲くるが、新山と村上との差はなかなか詰まらない。

最後の直線は新山と村上のデッドヒート。
後続では佐藤が小倉と接触して落車、さらに山崎と村田も巻き添えを食う形に。

ゴール線前のアクシデントは関係なく、最後は村上が差し切って優勝。
村上は3週間前の松阪記念以来、通算8回目、今年2回目のG3制覇となった。
2着は逃げた新山が残り、3着には原田が届いた。

優勝/村上博幸(SS・京都86期)
あらゆるケースを想定、作戦は色々と考えていた。
でも、決めないで流れに任せようと。
新山君の後ろは取れたらええなとは思っていたけど、決めていなかったから取れたとも言える。
踏み出しはそうでもなかったけど、新山君はホンマに掛かっていた。
最終第3コーナーくらいで脚はたまらん状態。
だけど、このチャンスを逃したら優勝できへんと、無我夢中で踏みました。
今回は竜生(三谷)がいなかったんでね。
僕が優勝を狙うと言うよりは、近畿の誰かが優勝できるようにとは思っていた。
あとは日頃の練習、新しく採り入れていること噛み合っているんかなと。
この年齢なんで急に脚は上がらないですけど、これからも自信を持って取り組んでいく。
そして、もっと高いところを目指していきたい。
せやけど、ホンマにもう脚がパンパンです(苦笑)。

12

ページの先頭へ

メニューを開く