TOP > 競輪 > 防府G3(最終日)レポート

競輪

2019/03/17

Perfecta編集部

防府G3(最終日)レポート

防府G3(最終日)レポート

2019年3月17日
防府G3(最終日)国際自転車トラック競技支援競輪

【12R=S級決勝】

1/桑原大志(S1・山口80期)
2/桐山敬太郎(S1・神奈川88期)
3/松岡健介(S1・兵庫87期)
4/高久保雄介(S1・京都100期)
5/荒井崇博(S1・佐賀82期)
6/河端朋之(S1・岡山95期)
7/竹内智彦(S1・宮城84期)
8/宮本隼輔(S2・山口113期)
9/山本伸一(S1・京都101期)

近畿勢の前受け、493・27・8615で並びが整う。

残り3周回、後団から地元の新鋭・宮本を先頭にした4車が早くも動く。

そして、松岡と桐山を抑える形で外並走から一気に踏み込んだ。

しかし、高久保も譲らず、突っ張り先行。
宮本は山本、松岡の牽制を受けながら打鐘を迎える。
必死に抵抗した宮本だが、最終周回を迎える前に河端と桑原が飛び出した。

近畿勢も本来は自力型の山本と松岡が勝負に出る。

その4車の後ろの位置を桐山が取る。

河端、桑原、山本、松岡がもがき合う中で最終第2コーナー過ぎから桐山が捲りを放つ。
桐山はグングン加速して、第2センターで前団を完全に飲み込んだ。

そして、桐山が独走状態で押し切ってゴールラインを駆け抜ける。
2着には8番手から捲り、大外から伸びた荒井。
3着は河端と熾烈(しれつ)なもがき合いを見せた山本が残った。

桐山は2014年8月の小田原記念以来、自身2回目のG3優勝。

優勝/桐山敬太郎(S1・神奈川88期)
もがき合う展開は想定内だった。
脚も溜まっていたので、勝負することができた。
最後は後ろの状況が分からなかった、そんなに(後続を)離していたんですね。
3日制とは言え、優勝は素直に嬉しい。
記念初優勝から5年ぶり(2014年・小田原G3)ですか……う〜ん、長かった(苦笑)。
G1決勝にも乗ったのに、しばらくの間は試行錯誤の時だった。
それでも腐らないでやってきて、やっと年齢に見合った強さになってきたと思う。
昨日(準決勝)がそうだったんですけど、これからも相手が予想できない動きや走りを見せたい。
それがG1にも繋がっていくはず。
もう1回、G1を見据えて戦っていくだけ。

12

ページの先頭へ

メニューを開く