TOP > 競輪 > 3/18=卒業記念レース(1日目)

競輪

2019/03/18

Perfecta編集部

3/18=卒業記念レース(1日目)

3/18=卒業記念レース(1日目)

日本競輪学校
第115回生徒・第116回生徒 卒業記念レース

2日開催の1日目が伊東温泉競輪場にて行われた。
第115回生徒(男子)は予選1回戦、予選2回戦、準決勝を勝ち上がった9名の生徒が決勝へ。
第116回生徒(女子)は予選1回戦、予選2回戦を経て、7名の生徒が決勝へ駒を進めた。
明日、3/19も伊東温泉競輪場で決勝をはじめ、順位決定競争などが繰り広げられる。

【決勝進出/第115回生徒】


1/坂井洋(栃木24歳)予1=4着・予2=1着・準決=1着 *競争成績=1位
競争成績が1位なのは嬉しいことですが、あまり内容が良くない、自力が出せていない。
中学生の時に初めて競輪を観たのがキッカケで、作新学院〜日本大で自転車競技に打ち込んできた。
高校の大先輩になる神山雄一郎さん(61期)にとても憧れて、競輪選手を志望しました。


2/山本修平(東京23歳)予1=4着・予2=1着・準決=1着 *競走成績=2位
地元は千葉だが、高校が昭和第一学園で立川競輪場に近かった。
昔から立川競輪場で練習していたので、東京登録にしました。
高校〜大学と自転車競技を続けてきて、培ってきた力を活かせる職業として競輪選手を目指しました。


3/佐々木悠葵(群馬23歳)予1=1着・予2=2着・準決=2着 *競走成績=8位
大学4年までバスケットボールをしてきて、適正入学なので自分はまだ自転車を乗りこなせていない。
卒業後も今まで以上に努力して、ちゃんと力をつけていきたいです。
先行主体で戦っていける選手になる。


4/伊藤颯馬(沖縄19歳)予1=2着・予2=1着・準決=3着 *競走成績=31位
高校から自転車競技を始めて、2年生の時には競輪選手を目指しました。
競輪学校は生活面で大変だったり、自分の調子に波があり、まとまっていなかった。
自覚はありませんが、周囲から「スプリンター」と、呼ばれます。


5/石井洋輝(福島19歳)予1=3着・予2=3着・準決=2着 *競走成績=13位
KEIRINグランプリ2006を観て、凄い走りと賞金額に魅せられたのがキッカケです。
高校時代の部活がロード練習中心だったので、地脚が鍛えられたと思います。
競輪学校での生活は長い1年、厳しい1年でした。


6/野上竜太(岡山23歳)予1=1着・予2=1着・準決=1着 *競走成績=30位
大学2年生の頃から競輪選手という職業を意識しました。
自転車競技をしてきたところで転機で、そこで競輪選手と接する機会も多かったので。
自分の課題だったりを考えながら練習するのが好きだったので、それが自分の脚力に自信を持てるバックボーンになったのかも知れません。


7/小原佑太(青森23歳)予1=1着・予2=3着・準決=3着 *競走成績=7位
高校卒業時、朝日大へ進学する際に「大学へいくならば、競輪選手を目指したら」と、親からの言葉があった。
競輪学校へ入学した時は腰椎ヘルニアの手術明けで、ほとんど何もできない状況だった。
脚力を戻すために、野上生徒と練習を組んで貰ったりして、徐々にステップアップできて内容が濃かったです。


8/田上晃也(岡山21歳)予1=5着・予2=2着・準決=3着 *競走成績=29位
中学〜高校の6年間はバレーボール、自転車とは縁がなかったが、高校の就活時に競輪選手を意識。
バレーボールを続けていくよりも競輪選手で活躍した方が稼げると思った。
競輪学校では怒られてばかりだったので、有終の美を飾りたいです。


9/照井拓成(岩手23歳)予1=3着・予2=3着・準決=2着 *競走成績=18位
自分は自転車競技との両立は考えていないですが、深谷知広さん(96期)の走りに憧れています。
競輪学校では自分が納得するタイムを出せずに終わったのが悔しい、あっ!という間の1年でした。
デビューしたら、先行も捲りもできる選手になりたいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く