TOP > 競輪 > 大垣G2(最終日)レポート

競輪

2019/03/24

Perfecta編集部

大垣G2(最終日)レポート

大垣G2(最終日)レポート

2019年3月24日
大垣G2(最終日)第3回ウィナーズカップ

【12R=S級決勝】

1/脇本雄太(SS・福井94期)
2/郡司浩平(S1・神奈川99期)
3/山﨑賢人(S1・長崎111期)
4/佐藤慎太郎(S1・福島78期)
5/浅井康太(SS・三重90期)
6/太田竜馬(S1・徳島109期)
7/渡邉雄太(S1・静岡105期)
8/中村浩士(S1・千葉79期)
9/松浦悠士(S1・広島98期)

34・69・15・728の並びでレースは進んでいく。

青板突入と共に、まずは太田が前へ。

この太田の動きに乗った渡邉が第1センター過ぎから一気にスピードを上げる。

そして、南関3車が先行したところで打鐘。

第2センターから6番手にいた山﨑がスパート、残り1周回で主導権を奪う。

山﨑に続き、8番手にいた脇本もペースを上げる。

脇本は第1センターからさらに加速して、脇本の番手・浅井もシッカリ追走。

最終BS手前で脇本は完全に山﨑を捲り切る。
郡司もBS過ぎから踏み込むが、脇本と浅井との距離は縮まらない。

脇本と浅井のマッチレースとなったが、最後の直線でも脇本のスピードは緩むことがない。
そのまま押し切って脇本が1着でゴールラインに飛び込んだ。
2着は浅井、3着は郡司となった。

優勝/脇本雄太(SS・福井94期)
今節の中で決勝が一番、展開が向いた。
山﨑賢人君が動いたタイミングと自分が仕掛けようとしたタイミングが全く同じ。
スピードを貰える感じで、運が良かった。
今回は競輪祭の時より自信があった。
優勝して、安心したのが80%ですね。
オッズも見ていたので、期待に応えないといけないという重圧や不安もあった。
疲れはここで抜いて、東京五輪へ向けたシーズンに向けた身体を作りたいと思います。
自転車に関しては現状で満足しているが、身体のの方はまだまだ鍛えられる。
次のダービー(松戸G1日本選手権競輪)は出ますけど、なかなか競輪の開催に参加する機会が少ない。
その中でお客さんの期待に応える、車券に貢献することができれば。
昨年末のグランプリでは失敗しているので、数少ない競輪への参加で出場権利を獲得して、リベンジしたいという気持ちは強いです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く