TOP > 競輪 > 高知G3(最終日)レポート

競輪

2019/04/14

Perfecta編集部

高知G3(最終日)レポート

高知G3(最終日)レポート

2019年4月14日
高知G3(最終日)よさこい賞争覇戦

【12R=S級決勝】

1/清水裕友(SS・山口105期)
2/村上博幸(SS・京都86期)
3/諸橋愛(S1・新潟79期)
4/取鳥雄吾(S1・岡山107期)
5/田中晴基(S1・千葉90期)
6/佐々木則幸(S1・高知79期)
7/松浦悠士(S1・広島98期)
8/山中貴雄(S2・高知90期)
9/吉田敏洋(S1・愛知85期)

吉田ー村上のラインが前受け。
その後ろは中国3車が続くが、戦前の宣言通りに諸橋が取鳥の番手を清水と競る形に。
後団は千葉の田中が地元・高知の山中と佐々木を引き連れたラインで周回を重ねた。

赤板に入り、第1センターを過ぎ、まずは後方から田中が上昇。

田中が吉田を抑えたところで打鐘。

しかし、すぐに取鳥がペースを上げて主導権を奪い、残りは1周回。

熾烈(しれつ)な取鳥の番手争いは清水が取り切った。
しかし、諸橋もしぶとく、次は松浦と3番手を競り合う。

最終BS、中団の田中が捲くりを放ち、後ろからは吉田も巻き返す。
混戦の第2センター、諸橋が松浦と清水を捌いて、取鳥の後ろへ。
地元の山中と佐々木も内へ入る。
最後の直線、一瞬、取鳥と諸橋の間が空いたところに山中が飛び込む。
そして、山中がそのまま真っ先にゴールラインを駆け抜けた。

山中は地元で悲願の記念競輪初優勝。
2着は外から強襲の吉田の番手・村上が。
3着には厳しい展開の中でも粘った諸橋となった。

レース後、山中はガッツポーズを連発。

優勝者インタビュー後は地元Vの喜びを“よさこい踊り”で表現した。

優勝/山中貴雄(S2・高知90期)
最近、四国の勢いがある中、高知は遅れを取っている感じで悔しかった。
これでみんなと一緒に四国を盛り上げていける。
先行から追い込み屋になって苦しい時期も長かった。
でも、練習仲間からチャンスはあると、言われ続けてきた。
今開催も地元のお客さんの声援も後押しになった。
記念初優勝を地元で飾ることができて、本当に、本当に嬉しいです。
これまでは怖がってしまうこともあって、内に突っ込めないでいた。
だけど今日は絶対にこじ開けてでも突っ込んでいく気持ちしかなかった。
4コーナーで内が空いて踏み込んだ時は1着を獲ることしか考えていませんでしたね。
2日目と3日目、1着でガッツポーズをしようと思ったけど、我慢していたんです。
その我慢した分、今日は連発してしまいましたね(笑)。
ダービー(松戸G1)にも初めて出られるし、今日の優勝で競輪祭(小倉G1)も決まった。
新たな目標が増えたことはありがたいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く