TOP > 競輪 > 伊東温泉G3(最終日)レポート

競輪

2019/04/28

Perfecta編集部

伊東温泉G3(最終日)レポート

伊東温泉G3(最終日)レポート

2019年4月28日
伊東温泉G3(最終日)国際自転車競技トラック支援

【12R=S級決勝】

1/永井清史(S1・愛知88期)
2/ジョセフ・トルーマン(S2・イギリス短期)
3/マシュー・グレーツァー(S2・オーストラリア短期)
4/渡邊健(S1・愛知76期)
5/小川真太郎(S1・徳島107期)
6/阿久津修(S2・栃木88期)
7/マティエス・ブフリ(S2・オランダ短期)
8/森田優弥(S2・埼玉113期)
9/小野大介(S1・福島91期)

スタートから1周回しても、位置取りは決まらず。

2周回を終える頃、ようやく14 ・59・732・86の並びで落ち着く。

しかし、3周回目の第1センターから森田が上昇して短期登録3車ラインを抑える。

残り2周回を前にして、ブフリが叩いて、一気に前へ踏み込む。

短期登録3車が出切ったところで打鐘。

最終周回、短期登録3車を小川が追走、森田も捲る。

依然、ブフリの先行態勢だが、小川も内をすくっていく。

最終BSを過ぎ、グレーツァーが番手捲り。

最終第2センターでブフリを捲り切った後もグレーツァーのスピードは衰えず。

そして、そのままグレーツァーがゴールラインに駆け込んで1着。
2着はグレーツァーをマークしたトルーマン。
3着は大外から飛び込んできた永井となった。

優勝/マシュー・グレーツァー(S2・オーストラリア短期)
サンキューベリーマッチ!
本当に勝つことができて嬉しい。
チャンピオンジャージはアメイジング!
日本のビッグレースでワキモト(脇本雄太)がチャンピオンジャージを着ているニュースペーパーも読んだからね。
優勝賞金、ビッグマネー、ビッグマネー(笑)。
こんな高額な賞金を貰ったことはないから、何に使って良いか分からないよ。
まぁ、色々とあるから、これからユックリ考えたい(笑)。
アリガトウゴザイマス!

12

ページの先頭へ

メニューを開く