TOP > 競輪 > 川崎G3(最終日)レポート

競輪

2017/08/06

Perfecta編集部

川崎G3(最終日)レポート

川崎G3(最終日)レポート

2017年8月6日
川崎G3アーバンナイトカーニバル(最終日)

【9R=S級ブロックセブン】
平成29年8月より
「推理しやすい、分かりやすい、的中しやすい」をコンセプトにした
S級7車立ての新たな単発レースをG3最終日の9Rに実施。
(KEIRIN EVOLUTION、ルーキーチャンピオンレース実施時など除く)
出場選手は北日本・関東・南関東・中部・近畿・中四国・九州の
各地区から1名を斡旋して行う。
(予備選手は0名、欠場があった場合は地区を優先して追加斡旋)
今回の川崎G3がS級ブロックセブンの記念すべき1回目となった。

1/佐藤龍二(神奈川94期)
2/吉本卓仁(福岡89期)
3/山田敦也(北海道88期)
4/不破将登(岐阜94期)
5/吉永好宏(広島80期)
6/高間悠平(福井95期)
7/阿部大樹(埼玉94期)

1着/阿部大樹(埼玉94期)
素直に嬉しいです!
車券、一番人気に気付いて。
自分が負けたら、競輪界が打ち出したコンセプトをダメにしちゃう。
沿わなくなっちゃうんじゃないかって、超プレッシャーでした。
とりあえず「阿部のせいでなくならなくて良かった」です(笑)。
ただ、番手の山田さんには迷惑をかけてしまった。
ホームで行けばいいのに、先行が積極的に行けていない。
点数(競走得点)があると中途半端なレースをしてしまう。
まだ一歩、足りない。
反省しながら帰ります。

12

ページの先頭へ

メニューを開く