TOP > 競輪 > 四日市G3(最終日)レポート

競輪

2019/06/09

Perfecta編集部

四日市G3(最終日)レポート

四日市G3(最終日)レポート

2019年6月9日
四日市G3(最終日)ベイサイドナイトドリーム

【12R=S級決勝】

1/岡本総(S1・愛知105期)
2/松本貴治(S1・愛媛111期)
3/小岩大介(S1・大分90期)
4/宮本隼輔(S2・山口113期)
5/武藤龍生(S1・埼玉98期)
6/柴崎俊光(S1・三重91期)
7/北村信明(S2・徳島93期)
8/山岸佳太(S1・茨城107期)
9/阿竹智史(S1・徳島90期)

43・85・297・16で周回を重ねる。

赤板突入前に後方から地元の柴崎を率いた岡本が上昇。

岡本が宮本にフタをするが、その上から松本率いる四国3車も前へ踏む。

そして、松本が前へ出たところで打鐘。

1度は引いた宮本だったが、第2センターから巻き返す。
そして、残り1周回で松本と先行争い。
だが、宮本の番手・小岩が離れてしまう。
また、松本の後ろの位置を阿竹に取らせまいと、山岸ー武藤の関東2車が絶好の位置取り。

宮本が逃げて最終BSを通過。
しかし、最終第4コーナー過ぎ、外から山岸が伸びる。
横一線の競り合いは山岸に軍配が上がる。

2着には宮本の後ろから追い込んだ松本、3着は山岸の番手・武藤となる。
山岸は一昨年の小田原記念以来、2回目のG3制覇を果たした。

優勝/山岸佳太(S1・茨城107期)
ある意味でイメージ通りの展開でした。
岡本君が積極的に動く、宮本君の踏み出しが良いので、小岩さんが離れ気味になるのも想定内。
準決勝で最後に伸びるコースも掴めていた。
記念優勝は2回目ですけど、前と同じで実感はあまりないです(苦笑)。
今回は関東勢も茨城勢も少ないし、宮杯メンバーもいないので、自分のために走らせて貰うような形だった。
渡邉雄太や裕友(清水)と仲が良いから、色々と話しをして戦法のバリエーションは必要だなと。
今日、松本君や宮本君と先行争いしても、叩かれて終わっていたのは正直なところ。
若い子がドンドン出てきている現実を受け止めながらも、基本は先行でやっていきたいとは思っている。
ただ、やっぱり、戦法のバリエーションが多くて悪いことはない。
自分の優勝もですけど、武藤君が3着で競輪祭出場が確定したことも嬉しい。
武藤君は関東勢の中でも信頼している1人ですから。
これからも色々と考えて、G1でも活躍できるようにしていきたいですね。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く