TOP > 競輪 > 岸和田G1(3日目)ピックアップ

競輪

2019/06/15

Perfecta編集部

岸和田G1(3日目)ピックアップ

岸和田G1(3日目)ピックアップ

2019年6月15日
岸和田G1(3日目)高松宮記念杯競輪

【9R=S級準決勝】


1着/小倉竜二(S1・徳島77期)
今日は全部、清水君がやってくれた感じ。
最後に抜けたけど、特別に調子が良い訳ではない。
いつもギリギリの人生、今日のレースもそんなんでしたね(笑)。
決勝も再度、清水君へ。


2着/清水裕友(SS・山口105期)
今日は脚を使っての中団確保。
三谷さんもかなりかかっていたし、それで深谷さんを捲れたのは自信になる。
正直、調子は良いとは言い難いですけど、賞金じゃなくてG1を獲ってグランプリを決めたい。
決勝も小倉さんがついてくれる、自力でやります。

***************

【10R=S級準決勝】


1着/木暮安由(S1・群馬92期)
平原さんに全て任せて、僕はついていって最後に差しただけです。
明日も黙って平原さんについていく。
宮杯は2年連続の優出、チャンスをものにしたい。


2着/平原康多(SS・埼玉87期)
後ろに置かれてしまい、一本棒で8番手……だけど、いくしかなかったですからね。
初日に落車したけど、あきらめないで走って良かった。
明日は優勝だけを狙っていく、木暮と2人で決めます。


3着/渡邉一成(S1・福島88期)*3着選手の中で、前日順位最上位により決勝へ
競りだったけど、競りではなかった。
自分の技量がないからインを切るしかなくて、恥ずかしいレースをしてしまったことを反省している。
3着で決勝にいけるのはありがたい。
G1の決勝に乗ることは多くないだろうし、全身全霊で走る、2日目と同じで新田君へ。

123

ページの先頭へ

メニューを開く