TOP > 競輪 > 久留米G3(最終日)レポート

競輪

2019/06/30

Perfecta編集部

久留米G3(最終日)レポート

久留米G3(最終日)レポート

2019年6月30日
久留米G3(最終日)中野カップレース

【12R=S級決勝】

1/三谷竜生(SS・奈良101期)
2/中川誠一郎(S1・熊本85期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/神山拓弥(S1・栃木91期)
5/松浦悠士(S1・広島98期)
6/櫻井正孝(S1・宮城100期)
7/木暮安由(S1・群馬92期)
8/杉森輝大(S1・茨城103期)
9/山﨑賢人(S1・長崎111期)

号砲から1周回半で並びは整う。
地元・九州地区2車が前受け、92・1・5・8374・6で周回を重ねる。

赤板周回を合図に5番手から杉森が踏み込み、平原ー木暮ー神山も続く。

関東4車に単騎の櫻井も続き、九州2車を抑えたところで打鐘。

残り1周回、杉森がに逃げる。
1度は車を引いた山﨑も踏んでいくが、木暮の牽制で外に浮く。

内をすくって中団を取った三谷もこの煽りを受け、関東4車が主導権を握ったまま最終第2コーナーを通過。

最終BS手前から中川、松浦が一気に踏み込む。
ここで平原も番手捲りを放っていく。

平原、木暮が出切ったところを外から中川、松浦が追う。

最終第4コーナーで松浦が中川をかわす。
直線勝負は平原、木暮、松浦、櫻井の混戦に。

だが、ここは平原が押し切って、1着でゴール。
2着に木暮、3着は松浦となった。

平原は昨年5月の京王閣記念以来、通算19回目のG3制覇。
(*京王閣記念後、9月の高知G2共同通信社杯での優勝あり)
これからの後半戦、年末のKEIRINグランプリを見据えて、いよいよギアを上げてきた。

優勝/平原康多(SS・埼玉87期)
色々と試行錯誤している中で、前回(岸和田G1)で落車はあったんですけど。
決勝にも乗ることはできていたし、今回も身体はちゃんと動いていた。
そういう部分では自信を持って臨めました。
悪いコンディション(雨)だったんですけど、関東4車は気合が入っていて、良いレースができたと思う。
杉森君とは同級生、彼が「前をやる」という強い気持ちに感謝、後ろにも固めて貰っての優勝です。
久留米は何度も斡旋をいただいていたのに、そこで失格だったり(苦笑)。
諦めずに走って、ようやく優勝できましたね。

12

ページの先頭へ

メニューを開く