TOP > 競輪 > 別府G2(最終日)レポート

競輪

2019/07/15

Perfecta編集部

別府G2(最終日)レポート

別府G2(最終日)レポート

2019年7月15日
別府G2(最終日)サマーナイトフェスティバル

【12R=S級決勝】

1/中川誠一郎(S1・熊本85期)
2/小倉竜二(S1・徳島77期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/渡邉雄太(S1・静岡105期)
5/村上博幸(SS・京都86期)
6/吉田拓矢(S1・茨城107期)
7/松浦悠士(S1・広島98期)
8/園田匠(S1・福岡87期)
9/佐藤慎太郎(S1・福島78期)

地元の九州勢の前受け。
18・72・839・45の並びでレースは進んでいく。

赤板周回、後方からまずは渡邉が前へ。

渡邉が中川を抑えて、後方もペースアップ。

吉田が渡邉を叩いたところで打鐘。

主導権を握った関東3車ラインだが、松浦ー小倉も踏み上げたところで残り1周回。

吉田と松浦が踏み合う形に。

最終BS、後方から中川が捲り、この動きに渡邉も乗る。
吉田に踏み勝った松浦を渡邉が最終第4コーナーで飲み込んだ。

しかし、ゴール線間際、渡邉の番手・村上が差し切って優勝。
2着は渡邉、3着には捲りが不発に終わった中川を追走した園田が大外から飛び込んだ。

数々のタイトルを手中に収めてきた村上だが、G2サマーナイトフェスティバルは初制覇。

優勝/村上博幸(SS・京都86期)
自力選手4人が動いて、本当に激しいレースでしたね。
最後は緊張じゃないんですけど、脚が三角に回っていた。
もっとペダルに力の伝わる走りができたんじゃないかなって。
でも、落ち着いて走ることはできましたね。
最初は単騎も考えたけど、渡邉君のところへいった。
「ラインの方が戦いやすい、迷惑じゃなければ、つかせてくれないか」と。
渡邉君は今年、G1戦線でも活躍している選手。
そういう強くて、スピードのある選手について、最後に追い込めたのは自信になる。
SSのアドバンテージもあるので、今年はまずG3優勝という目標は果たせた。
もうベテランの域、40歳なんで、今のうちに新しいことにチャレンジしないといけないと思っている。
そうやって1日、1日を過ごして、今日のような結果につながれば。
ビッグタイトルの重みも分かっていますけどね。
G1やG2でも強い気持ちで、自信を持って戦っていきたいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く