TOP > 競輪 > JKA250落成式

競輪

2019/07/17

Perfecta編集部

JKA250落成式

JKA250落成式

日本競輪選手養成所では世界で活躍する競輪選手の育成を目的に、国際基準に準じた木製屋内250mトラック=『JKA250』を養成所内に建設した。
フィンランド産のモミの木を原材料に、カナダ人デザイナーであるピーター・ジュネック氏の監修でカントは最大42.8度、着工から11ヶ月(総工費19億円)で完成。

今後、『JKA250』は選手候補生に留まらず、ナショナルチームのトレーニング拠点の一つにもなっていく。

本日、7月17日(水)は落成式で、来賓100名、報道陣94名が集まる。
オープニングセレモニー、テープカットの後はナショナルチーム選手や海外有力選手らによるデモンストレーションレース、養成所の選手候補生による200mフライングTTが行われた。

【Men’s=ケイリン】
1/新田祐大(福島)
2/脇本雄太(福井)
3/マティエス・ブフリ(オランダ)
4/河端朋之(岡山)
5/デニス・ドミトリエフ(ロシア)
6/松井宏佑(神奈川)
7/雨谷一樹(栃木)

1着/河端朋之(岡山)
2着/デニス・ドミトリエフ(ロシア)
3着/松井宏佑(神奈川)

***************

【Women’s=マッチ・スプリント】
1/小林優香(福岡)
2/太田りゆ(埼玉)

W/小林優香(福岡)
L/太田りゆ(埼玉)

***************

【Men’s=マッチ・スプリント】
1/深谷知広(愛知)
2/ジェイソン・ニブレット(オーストラリア)*ナショナルチームコーチ

W/深谷知広(愛知)
L/ジェイソン・ニブレット(オーストラリア)*ナショナルチームコーチ

***************

【選手候補生=200mフライングTT】
1/寺﨑浩平(福井)10秒950
2/町田太我(広島)11秒046
3/鈴木睦来(静岡)11秒294

***************

【Special Exhibition Race】*ハンディキャップレース

1着/雨谷一樹(栃木)
2着/マティエス・ブフリ(オランダ)
3着/新田祐大(福島)
4着/脇本雄太(福井)
5着/小林優香(福岡)
6着/太田りゆ(埼玉)
7着/河端朋之(岡山)
8着/松井宏佑(神奈川)
9着/ジェイソン・ニブレット(オーストラリア)
10着/デニス・ドミトリエフ(ロシア)
11着/深谷知広(愛知)


[ゴール線付近]


[BSから第3コーナー]

走った選手たちに感想を尋ねたところ「伊豆ベロドロームとは違う」と、一様に口を揃えた。

「形状も違うし、バンクはグリップが効く。コーナーはクセがあると言うか、突っ込んでいく。チリのバンクに似た印象ですかね」と、新田祐大選手。

「国際大会では初めてのバンクで即座に対応する必要がある、自分はあまり気にしない」と、太田りゆ選手。

ページの先頭へ

メニューを開く