TOP > 競輪 > 弥彦G3(3日目)ピックアップ

競輪

2019/07/27

Perfecta編集部

弥彦G3(3日目)ピックアップ

弥彦G3(3日目)ピックアップ

2019年7月27日
弥彦G3(3日目)ふるさとカップ

【10R=S級準決勝】


1着/小林泰正(S2・群馬113期)
まずは藤原さんと一緒に決勝に上がれる走りができて嬉しいです。
先行2人(渡邉・松本)の力には及ばないから、組み立てを考えて、前受けをしない作戦でした。
僕の走り方は同期で活躍しているみんなと比べると邪道なんですけど、それが僕の特徴でもあるので。
宮本君(同期、大垣G3優勝)みたいな脚はないのでラインに貢献できる自力で。
諸橋さんと藤原さんは地元、責任重大ですね。


2着/渡邉雄太(S1・静岡105期)
突っ張ろうか迷ったんですけど、そのまま2周は駆けさせられるから引いた。
一本棒から前が詰まったので、追いついたところのタイミングでいきました。
一戦、一戦を集中して走っているので、調子がどうかはよく分からないですね。
松井さんが「前をやりたい」と言われているので、番手に回ることになります。


3着/藤原憲征(S2・新潟85期)
良い後輩(=小林)を持ちましたね(笑)。
レース前はダメなパターンだけ伝えて、あとは好きに走れって。
地元記念の決勝に乗れて、今年の大きな仕事は終わったか感じかな(笑)。
上越ラインの3番手、諸橋さんが主役だし、僕は2〜3着に入れるように。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/諸橋愛(S1・新潟79期)
これでやっとスタートラインに立てた、正直にそんな心境です。
竜士(鈴木)が良い感じで出ていたし、ラインで決められなかったのは残念の一言。
決勝は初連携の小林君へ。
地元記念3連覇しか考えていない。


2着/柴崎淳(S1・三重91期)
竹澤さんに任せた以上はギリギリまで待つしかなかったですよね。
暑さでフワフワしていたところがある、練習の疲れもあるのかも知れない。
決勝は若い子(松井・小林)がどんなレースをするか。
僕は単騎、一発狙いでやりますよ。


3着/山田庸平(S1・佐賀94期)
今開催は着にこだわっているので、レースは小さくなっているところがある。
それでも、決勝に乗れることは意味がある。
記念決勝は昨年の宇都宮以来、明日は清水君へつきます。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/清水裕友(SS・山口105期)
松井さんからジャブを貰ったので、返しましたよ。
そうしたら引いてくれた、やってみるもんですね(笑)。
ダービー(松戸G1)の準決勝から自力での1着がなかったから良い薬になります。
記念でピン・ピン・ピンは初めて。
自分は記念は2つ(防府と立川)しか獲っていないし、SSのプライドとかはないです。
気合も諸橋さんの方が上だと思いますけど、自力勝負で頑張るだけ。


2着/松井宏佑(S2・神奈川113期)
清水君が早目に仕掛けると思ったので、そこからだと……でしたね。
なんとか2着に入れたし、岡村さんと決勝に上がれるってことで、最低限という感じですね。
競技で縦の動きばかり鍛えているので、決勝は自分が先頭で競輪選手らしい走りをしたい。
自分の方が年上だけど新人なので、渡邉君の前でやらせて貰います。


3着/岡村潤(S1・静岡86期)
やっぱり、松井君の脚は凄い。
彼の経験を考えれば、毎レースが勉強ですからね。
最終第3コーナー辺りではキツイかなと思ったけど、松井君を信用してついていった。
松井君についていけているので、脚の調子自体は良いと思いますよ。
決勝は松井君と雄太の走りやすい並びで問題ない、自分はどっちにしろ南関の3番手を固めるだけ。

12

ページの先頭へ

メニューを開く