TOP > 競輪 > 川崎G3(最終日)レポート

競輪

2019/08/12

Perfecta編集部

川崎G3(最終日)レポート

川崎G3(最終日)レポート

2019年8月12日
川崎G3(最終日)アーバンナイトカーニバル

【12R=S級決勝】

1/鈴木裕(S1・千葉92期)
2/伊藤信(S2・大阪92期)
3/山岸佳太(S1・茨城107期)
4/大塚玲(S1・神奈川89期)
5/片岡迪之(S2・岡山93期)
6/藤木裕(S2・京都89期)
7/五日市誠(S2・青森89期)
8/佐藤龍二(S2・神奈川94期)
9/加倉正義(S2・福岡68期)

近畿勢の前受け、26・37・148・79の四分戦。

赤板周回突入前、後方から片岡ー加倉ラインが上昇。

赤板に突入して、片岡が伊藤ー藤木を抑えた。

しかし、南関3車ラインがすぐに叩く。

そして、南関3車が出切ったところで打鐘を迎える。

打鐘後、すかさず片岡が再び踏み込んでいく。
車間を切って、最後方にいた山岸ー五日市も片岡ー加倉の動きに乗る。
残り1周回となったところで山岸が一気にスピードを上げ、片岡を飲み込んでいく。

山岸の主導権で最終BSを通過。
今開催、仕上がっていた伊藤も外から猛追するが、最終第4コーナー過ぎても山岸を越せず。


直線勝負、藤木を捌いて、佐藤も追い上げてくる。
横一線の接戦となったが、山岸が押し切って真っ先にゴールラインへ飛び込む。
2着は内を突いてきた鈴木、3着は山岸の番手・五日市という結果に。

山岸は6月の四日市記念以来、通算3回目の記念競輪優勝。

優勝/山岸佳太(S1・茨城107期)
そうですね、打鐘のところがポイントでしたね。
競輪祭の権利も懸かっているので、みんな駆けたくない。
自分はバック本数も一番持っていた。
そして、競輪祭も決まっているので気持ち的には楽だった、そこが大きかったんじゃないですかね。
出切ってからはガムシャラに踏むだけでした。
五日市さんとは二次予選Aでも連携してワンツー、絶対についてきてくれるだろうという信頼があった。
前回の四日市G3ナイターよりはスッキリした勝ち方だった、それは自分の中でもありますね。
周りからも「記念は獲れるよね」と、言われるんで(苦笑)。
そこは自覚して練習していくだけ。
G1も出られたり、出られなかったりなので、確実に活躍できるようにステップアップしていきたい。


同県の選手(小原唯志と藤谷はるな)から祝福を受ける山岸

12

ページの先頭へ

メニューを開く