TOP > 競輪 > 名古屋G1(1日目)ピックアップ

競輪

2019/08/14

Perfecta編集部

名古屋G1(1日目)ピックアップ

名古屋G1(1日目)ピックアップ

2019年8月14日
名古屋G1(1日目)オールスター競輪

【11R=S級ドリームレース】*ファン投票=1〜9位

1/三谷竜生(SS・奈良101期)
2/脇本雄太(SS・福井94期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/新田祐大(SS・福島90期)
5/浅井康太(SS・三重90期)
6/清水裕友(SS・山口105期)
7/深谷知広(S1・愛知96期)
8/村上義弘(SS・京都73期)
9/山﨑賢人(S1・長崎111期)

近畿3車の前受け、中部2車が続き、その後ろには単騎の4車。
218・75・4・3・6・9の細切れ戦でレースは進んでいく。

赤板を過ぎてペースは上がるが、隊列は変わらず。
4番手の深谷が車間を切りながら、後方を気にした動きをしきりに見せるたところで打鐘。

打鐘後の第4コーナーから深谷が一気に踏み込み、脇本から主導権を奪って、残り1周回となる。

深谷の番手・浅井が離れてしまい、そこに脇本が収まった。
最終BS手前からは6番手の位置から新田が捲る。
その新田の動きに平原も乗っていく。
第2センター、深谷の番手にハマった脇本が捲り切る。

そして、脇本が後続を突き放して、1着でゴール線へ飛び込む。
2着には外から伸びた平原、3着は自慢のスピードを見せながらも届かなかった新田。

1着/脇本雄太(SS・福井94期)
結果こそ1着だったんですけど、内容的には反省の多いレースでしたね。
深谷君が4番手に収まって、どうなるのか?とは周回中から思っていた。
誘導を目一杯に使えたのは良かった。
自分が前受けをして、打鐘まで別線がこないというのはあまり経験したことのない展開。
まだ自分の脚がどういう状況かも把握できていなかった。
でも、深谷君にいかれた後も巻き返せる感覚はありました。
苦しい展開だったけど、ファン投票1位にどうにか応えることができて良かった。
まずはシャイニングスター賞までに修正していきたい。

12

ページの先頭へ

メニューを開く