TOP > 競輪 > 富山G3(最終日)レポート

競輪

2019/09/01

Perfecta編集部

富山G3(最終日)レポート

富山G3(最終日)レポート

2019年9月1日
富山G3(最終日)瑞峰立山賞争奪戦

【12R=S級決勝】

1/浅井康太(SS・三重90期)
2/武田豊樹(SS・茨城88期)
3/渡邉一成(S1・福島88期)
4/吉澤純平(S1・茨城101期)
5/小倉竜二(S1・徳島77期)、
6/中本匠栄(S1・熊本97期)
7/田中晴基(S1・千葉90期)
8/杉森輝大(S1・茨城103期)
9/松浦悠士(S1・広島98期)

号砲から武田が飛び出し、482・95・1・3・7・6の細切れ戦。

青板に入り、8番手から単騎の田中がまずは上昇。

田中が茨城3車ラインにフタをする。

赤板突入前から茨城3車ラインの外を並走していた松浦ー小倉ラインも前へ。

しかし、赤板突入と共に、吉澤が外へ持ち出してから一気にスパート。

茨城3車の主導権になると思いきや、松浦ー小倉が武田を捌いたところで打鐘。

123

ページの先頭へ

メニューを開く