TOP > 競輪 > 青森G3(最終日)レポート

競輪

2019/09/08

Perfecta編集部

青森G3(最終日)レポート

青森G3(最終日)レポート

2019年9月8日
青森G3(最終日)善知鳥杯争奪戦

【12R=S級決勝】

1/新山響平(S1・青森107期)
2/小原太樹(S1・神奈川95期)
3/渡邉一成(S1・福島88期)
4/藤根俊貴(S2・岩手113期)
5/伊勢崎彰大(S1・千葉81期)
6/新山将史(S2・青森98期)
7/守澤太志(S1・秋田96期)
8/伊藤大志(S1・青森86期)
9/山賀雅仁(S1・千葉87期)

2周回目に入り、37・4168・295の並びで落ち着く。

だが、青板前から早くも後方の南関3車が上昇。

藤根も警戒するが、北日本4車ラインにフタをする。

そして、赤板突入と共に小原は渡邉ー守澤のラインも抑える。
しかし、第1センター過ぎで渡邉が空いた内を掬う。

虚を突かれた形となった小原のスピードが緩んだところで、藤根が一気に叩いて打鐘。

目まぐるしい展開のレースも残り1周回。
藤根が逃げて、北日本4車ラインが完全に出切った形。

第2コーナー過ぎ、山賀をさばいた後に小原の上をいく渡邉がスパート。
最終BSで新山響が番手捲り、兄の新山将も必死に追走。

最終第3コーナーからは後続を引き離して、新山響、新山将、渡邉のデッドヒート。
直線の長い青森バンクではあったが、新山響が力強く押し切って1着。
2着は弟マークの新山将、3着は猛追も及ばずに渡邉となった。

123

ページの先頭へ

メニューを開く