TOP > 競輪 > 松阪G2(最終日)レポート

競輪

2019/09/16

Perfecta編集部

松阪G2(最終日)レポート

松阪G2(最終日)レポート

2019年9月16日
松阪G2(最終日)第35回共同通信社杯

【11R=S級決勝】

1/郡司浩平(S1・神奈川99期)
2/柴崎淳(S1・三重91期)
3/渡邉一成(S1・福島88期)
4/山﨑賢人(S1・長崎111期)
5/平原康多(SS・埼玉87期)
6/稲川翔(S2・大阪90期)
7/佐藤慎太郎(S1・福島78期)
8/金子貴志(S1・愛知75期)
9/諸橋愛(S1・新潟79期)

号砲で渡邉が前へ飛び出す。
1周回でスンナリと、並びは落ち着く。
37・28・59・46・1の細切れ戦。

赤板突入、まずは中団から平原が前へ踏む。

平原の動きに乗った山﨑が上から抑えにいく。

山﨑ー稲川の2車が前を取ったところで打鐘。

山﨑ー稲川の後ろ、3番手には単騎の郡司が収まる。

山﨑の主導権で残り1周回。

最終BS手前から平原の動きを気にしながら郡司が仕掛けていく。

郡司は第3コーナーで山﨑を捲り切る。
そして、そのままゴール線まで押し切って1着。

2着には第3コーナーから内をしゃくった佐藤。
3着は第3コーナーで稲川のブロックを受けながらも乗り越えた平原となった。

郡司は2017年の高松G2ウィナーズカップ以来、2回目のG2制覇。
賞金ランキングでも7位まで順位を押し上げ、悲願のグランプリ出場へ大きく前進した。

12

ページの先頭へ

メニューを開く