TOP > 競輪 > 京王閣G3(最終日)レポート

競輪

2019/10/22

Perfecta編集部

京王閣G3(最終日)レポート

京王閣G3(最終日)レポート

2019年10月22日
京王閣G3(最終日)ゴールドカップレース

【12R=S級決勝】

1/平原康多(SS・埼玉87期)
2/郡司浩平(S1・神奈川99期)
3/村上博幸(SS・京都86期)
4/根田空史(S1・千葉94期)
5/山崎芳仁(S1・福島88期)
6/川村雅章(S2・東京92期)
7/中村浩士(S1・千葉79期)
8/萩原孝之(S1・静岡80期)
9/和田健太郎(S1・千葉87期)

関東2車の前受け、16・28・5・479・3の細切れ戦。

赤板周回、3番手の郡司がまずは上昇。

平原も3番手の位置をキープ、スローペースで郡司が前を取ったままで打鐘。
しかし、打鐘手前、6番手の位置から根田が踏み込む。

赤板4コーナーで郡司を叩き切り、千葉3車が主導権。

残り1周回、根田がさらにペースを上げての先行。
千葉3車の後ろでは郡司と平原が激しい位置取り。

1234

ページの先頭へ

メニューを開く