TOP > 競輪 > 防府G3(3日目)ピックアップ

競輪

2019/11/03

Perfecta編集部

防府G3(3日目)ピックアップ

防府G3(3日目)ピックアップ

2019年11月3日
防府G3(3日目)周防国府杯争奪戦

【10R=S級準決勝】


1着/郡司浩平(S1・神奈川99期)
初手がね、良い車番だったのに自分で苦しい展開にしてしまいましたね(苦笑)。
植原を目標にしながら1コーナーから踏んで、良い感じにその上をいくことができた。
グランプリ出場が最終目標ではないけど、明日の決勝の先には競輪祭もある。
自力で優勝して、賞金ランキング8位の平原さんや9位の松浦にプレッシャーをかけたいです。


2着/内藤秀久(S1・神奈川89期)
郡司も分かっているはずだけど、苦しい展開に持っていっちゃうんだもん(苦笑)。
しかも博幸さん、久徳から牽制を貰って……本当にキツかった。
それでも、最後に伸びていけたから脚の状態は良い。
明日の決勝が本番、再度、郡司を目標に。


3着/原田研太朗(S1・徳島98期)
新車が段々、マッチしてきているので、粘れるようにもなっている。
今日も植原のスピードに合わせることもできた。
防府は相性も良いし、昨日は島川の後ろで休めたことで脚がフレッシュな状態だったのも大きい。
清水君の地元ですからね、決勝は清水君の番手を回ります。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/吉澤純平(S1・茨城101期)
徐々に感触が良くなっていることを実感。
今日、作戦面は全て竜士に任せていましたね。
あれだけ竜士が頑張ってくれたから残してあげたかったが、新山君がかなりの勢いだった。
決勝は単騎になりますけど、初日もやっているので何の問題もないです。


2着/佐藤友和(S1・岩手88期)
とにかく竜生が凄かった、内を締めたところ外からきたんだから。
でも、自分も3着のところ2着だった訳だし、抜かれてもいないから状態は上向きでしょう。
決勝メンバーで誰かにつくという選択肢はなし、単騎になるけど、一発を狙っていく。


3着/三谷竜生(SS・奈良101期)
自分がイメージしていたようなレースができなかった、難しいレースになってしまいましたね。
でも、身体の反応は悪くない、上がってきていると思います。
単騎でも自分の走りをするだけ、競輪祭に向けて仕上げていきたい。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/山田英明(S1・佐賀89期)
2日目からフレームを替えたのが正解、こんなに自転車が進むんだったら、戻すという選択肢はない。
打鐘で内に詰まってしまったのは失敗、どうにか態勢を整えて、最後に伸びましたね。
伸びには自分自身でも驚いていますよ。
決勝は単騎、自力自在にやっていく。


2着/清水裕友(SS・山口105期)
周回中から軽くてスカスカだった、自分の持ち味でないような走りをしてしまった(苦笑)。
最後はスピードが乗らずに垂れてしまった、残れたから良しとしますけど。
決勝に乗るのは最低限、地元ゼロじゃ寂しいですからね。
自分が前をやらせて貰って、力を出し切るレースをします。


3着/渡部哲男(S1・愛媛84期)
とにかく清水君の駆け出しが凄くてキツかった、少し離れたし。
自分が後ろの時にあんなんはやめて欲しい(苦笑)。
緊張したし、後ろを見る余裕もないところで松川まできたから心の中では「嘘やろっ!」でしたよ。
どっちが前(原田と清水)でもって訳ではないけど、3番手を固めて、自分の仕事をすることでワンチャンスあるでしょ。

12

ページの先頭へ

メニューを開く