TOP > 競輪 > 別府F2(最終日)レポート

競輪

2019/11/10

Perfecta編集部

別府F2(最終日)レポート

別府F2(最終日)レポート

2019年11月10日
別府F2(最終日)ココロ、沸かせ!つわものカップ

【11R=L級ガールズ決勝】

1/児玉碧衣(L1・福岡108期)
2/太田美穂(L1・三重112期)
3/奥井迪(L1・東京106期)
4/中川諒子(L1・熊本102期)
5/小林莉子(L1・東京102期)
6/大久保花梨(L1・福岡112期)
7/梅川風子(L1・東京112期)

3日制で42選手が参戦した予選。
ハイレベルな予選を勝ち上がった7選手が決勝へ進んだ。

打鐘後、大久保が前受けの奥井を叩き切って先行する。
6・3・2・7・4・1・5の一本棒で残り1周回。

最終第2コーナー過ぎ、6番手の位置から児玉が捲る。
児玉を追走するのは小林。

第3コーナー、児玉は大外から前団を飲み込もうとする。

しかし、実力者が集った戦い、横一線で最終第4コーナーまでもつれる。

直線勝負、捲り追い込みで児玉が1着。
児玉が完全優勝を決めた。
2着は児玉マークで、グランプリ出場への賞金ランキング争いに望みをつないだ小林。
3着には初手から中団を取り、後手を踏まなかった梅川。

優勝/児玉碧衣(L1・福岡108期)
良いメンバーが揃った決勝戦で、最後までどうなるか分からない展開になってしまいました。
でも、粘ることができて、勝ち切れて良かった。
この流れで競輪祭(ガールズGPトライアル)も優勝できるように頑張りたいです。

***************

A級チャレンジ決勝は115期同士の三つ巴が予想されたが、三浦貴大(A3・岐阜115期)の番手からゴール線前で抜け出した菊谷信一(A3・大阪90期)が優勝した。

ページの先頭へ

メニューを開く