TOP > 競輪 > 四日市G3(最終日)レポート

競輪

2019/11/10

Perfecta編集部

四日市G3(最終日)レポート

四日市G3(最終日)レポート

2019年11月10日
四日市G3(最終日)泗水杯争奪戦

【12R=S級決勝】

1/柴崎淳(S1・三重91期)
2/大森慶一(S1・北海88期)
3/村上義弘(SS・京都73期)
4/岩津裕介(S1・岡山87期)
5/佐藤慎太郎(S1・福島78期)
6/嵯峨昇喜郎(S2・青森113期)
7/浅井康太(SS・三重90期)
8/小松崎大地(S1・福島99期)
9/諸橋愛(S1・新潟79期)

号砲と共に浅井が飛び出し、柴崎を迎え入れての地元ラインが正攻法。
北日本4車ラインは後ろ攻めを選択し、17・34・9・6852の隊列で周回を重ねていく。

赤板で嵯峨が主導権を取りに出るも、村上も合わせて踏み込んでいく。

嵯峨の後ろで内に村上、外に小松崎で並走となる。
村上が厳しい攻めを見せるも、小松崎も譲らずに応戦。
両者の競り合いが続いていく。

小松崎と村上の競りは、最終ホームで小松崎に軍配が上がる。
前団のつばぜり合いを尻目に脚を溜めた柴崎が仕掛けのタイミングを伺う。

最終第1コーナー付近から捲りを打った柴崎。
抜群のスピードで、北日本ラインに迫っていく。

最終バックで柴崎が嵯峨を捕らえ、先頭に躍り出る。
浅井がピッタリと、マークする。
三重勢には諸橋が続いていく。

諸橋が最終2センターから内に切り込み、浅井と激しく争う中、柴崎がそのまま押し切って地元優勝を決めた。
2着に諸橋、3着に浅井が入線した。

優勝/柴崎淳(S1・三重91期)
ゴールしてから1周する間に『10年ぶりの地元記念優勝か』と、思っていました。
(地元記念を)2連覇してから、自分の思うような競走もできずに葛藤もありました。
10年ぶりの地元記念優勝は『やったぞー!』という感じ(笑)。
昨年の競輪祭の決勝で大チャンスだったのにモノにできなかった時から、モチベーションが人一倍、上がっていると思っています。
まさか自分が優勝できると思っていなかったですが、次の競輪祭も頑張ってきますので応援、宜しくお願いします!

表彰式の最後に、出場した地元勢が応援してくれたファンへ感謝の一礼をした。

12

ページの先頭へ

メニューを開く