TOP > 競輪 > いわき平G1(最終日)レポート

競輪

2017/08/15

Perfecta編集部

いわき平G1(最終日)レポート

いわき平G1(最終日)レポート

2017年8月15日
いわき平G1第60回オールスター競輪(最終日)

【11R=S級決勝】
1/新田祐大(福島90期)
2/脇本雄太(福井94期)
3/深谷知広(愛知96期)
4/竹内雄作(岐阜99期)
5/原田研太朗(徳島98期)
6/坂口晃輔(三重95期)
7/渡邉一成(福島88期)
8/山崎芳仁(福島88期)
9/浅井康太(三重90期)

いわき平G1オールスターの最終日は、朝から小雨がバンクを濡らす。
決勝の号砲が鳴る直前になって、ようやく雨は降り止んだ。

地元・福島の178が前受け。
単騎の2と5が続き、3496の中部勢強力ラインの並び。
青板周回で早くも深谷を頭とする中部勢が上昇。
しかし、残り2周半で竹内が落車のアクシデント。
そのままスローペースでレースは続き、打鐘後も396・178・2・5の隊列は崩れなかった。
最終周回、第2コーナーの立ち上がりから新田が捲り、番手の渡邉も追走。

BSでほぼ深谷に追い付き、第3コーナーで新田と渡邉が完全に捲り切る。
第4コーナーからは新田と渡邉のマッチレース。

空いた内を渡邉が見逃さずに、徐々に新田との距離を縮める。
最後は渡邉が見事に新田を差し切った。

12

ページの先頭へ

メニューを開く