TOP > 競輪 > 小倉G1(最終日)レポート

競輪

2019/11/24

Perfecta編集部

小倉G1(最終日)レポート

小倉G1(最終日)レポート

2019年11月24日
小倉G1(最終日)第61回朝日新聞社杯競輪祭

【12R=S級決勝】

1/松浦悠士(S1・広島98期)
2/和田健太郎(S1・千葉87期)
3/平原康多(SS・埼玉87期)
4/吉田拓矢(S1・茨城107期)
5/清水裕友(SS・山口105期)
6/柏野智典(S1・岡山88期)
7/木暮安由(S1・群馬92期)
8/坂口晃輔(S1・三重95期)
9/諸橋愛(S1・新潟79期)

号砲で1・松浦が誘導を追い、5・清水を迎え入れ、中四国ラインが前受けを選択。
516・2・439・8・7で隊列が決まる。
清水は誘導との車間を開けて、後続を牽制する。

赤板で4・吉田がスパートすると、清水も合わせて踏み上げる。

打鐘で吉田が清水をかわして主導権を奪うと、清水は3・平原の内で粘る。

最終HSでも吉田の番手で清水と平原が激しく競り合う。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く