TOP > 競輪 > 別府G3(3日目)ピックアップ

競輪

2019/12/02

Perfecta編集部

別府G3(3日目)ピックアップ

別府G3(3日目)ピックアップ

2019年12月2日
別府G3(3日目)オランダ王国友好杯

【10R=S級決勝】


1着/木暮安由(S1・群馬92期)
ラインのおかげの1着ですね。
レース前、小林君には死に駆けするような先行はしないようにと。
彼はこれからG1でも戦っていく選手、明日の決勝にも一緒に勝ち上がりたかったから。
一緒に勝ち上がれなかったのは残念だけど、小林君が頑張ってくれたおかげです。
決勝は色々と考えながら単騎でやります。


2着/簗田一輝(S1・静岡107期)
打鐘で小林君をブロック、止めるのが番手の仕事ですから。
でも、岩本さんの力が大きかった、岩本さんのおかげです。
岩本さんが3着に残ってくれて良かった。
話し合って、決勝は南関の3番手で。


3着/岩本俊介(S1・千葉94期)
簗田が素晴らしかった、最後は長い距離だったけど、残してくれました。
2人で勝ち上がるため、今回の並びで正解でした。
チームワークの勝利だと、自信を持って言えます。
決勝も南関のチームワークを見せる、自分は松井君の番手で。

***************

【11R=S級決勝】


1着/稲毛健太(S1・和歌山97期)
最終BSまで我慢して仕掛けると、残るのは自分だけになってしまうと思いました。
4車ラインでしたし、無理矢理にいきました。
ちょっと詰まったところでの仕掛けになってしまいましたけど。
決勝も自力でやる、思い通りのレースではないけど、踏んだ力がシッカリ伝わっている感じはある。


2着/坂本貴史(S1・青森94期)
自分の気持ちが弱かったのに対して、島川君が強かった。
真っ直ぐ踏んで内にいっただけで運が良かっただけ。
競輪祭で2勝してから運だけは良いです(笑)。
昨年の松戸記念以来の決勝、自力勝負でやります。


3着/稲垣裕之(S1・京都86期)
色々とセッティングを試していたけど、今日が一番良かったですね。
山田君が地元の大塚さんを連れていたので凄い気合だった。
それでも、今日は稲毛君が強かった。
今日は少し離れてしまったので、決勝はシッカリついていく。

***************

【12R=S級決勝】


1着/松井宏佑(S2・神奈川113期)
展開もタイミングも良かったし、本気で踏みました。
段々、疲れも抜けてきて、脚の状態は問題ないです。
決勝も自力で、南関勢から優勝を出せる走りをする。
一番長いラインなので、それを活かしたい。


2着/浅井康太(SS・三重90期)
打鐘から皿屋さんが良いペースだった、後ろの人間は楽ですからね。
1センターで車間を切って、松井君がきても止められるかとも思ったんだけど、さすがスピードが違いました(苦笑)。
1着だったら良かったんですけどね、でも、レースとしてはシッカリ走れているんで。
2月のG1全日本選抜で失格してしまった別府で決勝に乗れるのは大きい、単騎でやります。


3着/大槻寛徳(S1・宮城85期)
松井君にはタイミングの良いところでいけと、レース前には伝えていた。
でも、本当に松井君が強かった。
競輪祭の4日目にもついたけど、今日はその時の比じゃなかったですね。
決勝は坂本君マークでやる。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く