TOP > 競輪 > 別府G3(最終日)レポート

競輪

2019/12/03

Perfecta編集部

別府G3(最終日)レポート

別府G3(最終日)レポート

2019年12月3日
別府G3(最終日)オランダ王国友好杯

【12R=S級決勝

1/浅井康太(SS・三重90期)
2/木暮安由(S1・群馬92期)
3/岩本俊介(S1・千葉94期)
4/稲毛健太(S1・和歌山97期)
5/大槻寛徳(S1・宮城85期)
6/簗田一輝(S1・静岡107期)
7/稲垣裕之(S1・京都86期)
8/坂本貴史(S1・青森94期)
9/松井宏佑(S2・神奈川113期)

号砲から1周回しても、並びは整わず。
単騎の浅井がなかなか位置を取れず、最終的には同じ単騎の木暮の後ろに収まる。

南関3車の前受け、936・47・2・1・85の細切れ戦。

赤板突入前、まずは後方から坂本ー大槻の北日本2車が前へ。

しかし、すかさず稲毛も叩いていく。
単騎の木暮と浅井もこの流れに乗る。

そして、稲毛の主導権。
47・2・1・85・936の一本棒で打鐘を迎える。

稲毛の先行で残り1周回。

1234

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く