TOP > 競輪 > 佐世保G3(最終日)レポート

競輪

2019/12/08

Perfecta編集部

佐世保G3(最終日)レポート

佐世保G3(最終日)レポート

2019年12月8日
佐世保G3(最終日)九十九島賞争奪戦

【12R=S級決勝】

1/井上昌己(S1・長崎86期)
2/小倉竜二(S1・徳島77期)
3/村上義弘(SS・京都73期)
4/野原雅也(S1・福井103期)
5/吉田拓矢(S1・茨城107期)
6/小川勇介(S1・福岡90期)
7/太田竜馬(S1・徳島109期)
8/山中秀将(S1・千葉95期)
9/古性優作(S1・大阪100期)

初手は徳島2車の前受け、72・8・516・493の並びとなる。

青板2センターあたりから後方の2ラインがジワジワ上昇の気配を見せる。

赤板突入で吉田が野原より先に太田を叩く。

太田はスンナリ車を下げる。
吉田が前へ出たもののスローペースに。
ここですかさず野原を先頭とした近畿3車ラインが上をいく。
野原が主導権を奪ったところで打鐘。

第4コーナー過ぎ、最後方に置かれた単騎の山中が猛スパート。

そして、残り1周回、山中の気配を察知した近畿3車ラインもスピードを上げる。

最後方に置かれる形となった徳島2車も巻き返す。

1234

ページの先頭へ

メニューを開く