TOP > 競輪 > 広島G3(最終日)レポート

競輪

2019/12/15

Perfecta編集部

広島G3(最終日)レポート

広島G3(最終日)レポート

2019年12月15日
広島G3(最終日)ひろしまピースカップ

【12R=S級決勝】

1/原田研太朗(S1・徳島98期)
2/菅田壱道(S1・宮城91期)
3/岡村潤(S1・静岡86期)
4/守澤太志(S1・秋田96期)
5/橋本強(S1・愛媛89期)
6/福田知也(S1・神奈川88期)
7/坂口晃輔(S1・三重95期)
8/池田良(S1・広島91期)
9/根田空史(S1・千葉94期)

北日本2車の前受け、24・158・936・7で並びは整う。

青板4コーナー手前から根田が率いる南関3車が上昇。

そして、赤板に入り、中四国3車の外を並走。

菅田も突っ張るではないが、様子を見る。

2コーナー過ぎ、全体の動きが緩んだところで根田がスパート。

南関3車の主導権で打鐘、後ろには単騎の坂口が続く。

根田の先行で残り1周回。

1234

ページの先頭へ

メニューを開く