TOP > 競輪 > 立川F2(1日目)レポート

競輪

2019/12/28

Perfecta編集部

立川F2(1日目)レポート

立川F2(1日目)レポート

2019年12月28日
立川F2(1日目)KEIRINグランプリ2019

【11R=L級ガールズグランプリ2019】

1/梅川風子(L1・東京112期)
2/小林優香(L1・福岡106期)
3/児玉碧衣(L1・福岡108期)
4/石井寛子(L1・東京104期)
5/石井貴子(L1・千葉106期)
6/佐藤水菜(L1・神奈川114期)
7/奥井迪(L1・東京106期)

年間女王を決める一戦、まず号砲で外枠の奥井が飛び出した。

奥井・石井寛・梅川・小林・佐藤・児玉・石井貴の並びで周回を重ねていく。
赤板に入っても隊列は変わらず。
3番手の梅川がやや車間を切ってはいたものの、並びは変わらずに打鐘を迎えた。

最終周回、奥井が逃げ、石井寛がマーク。
打鐘周回第2センターから後続を警戒しながら梅川もペースアップ。

6番手にいた前年女王・児玉が佐藤の内を掬う。

そして、最終第1センターで児玉は小林の番手にハマる形に。
ここで一気に小林が仕掛け、児玉も同門の先輩に負けずに捲りを打っていく。

最終BS、奥井の後ろで、内から石井寛・梅川・小林・児玉が並走。

12

ページの先頭へ

メニューを開く