TOP > 競輪 > 和歌山G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/01/12

Perfecta編集部

和歌山G3(3日目)ピックアップ

和歌山G3(3日目)ピックアップ

2020年1月12日
和歌山G3(3日目)開設70周年記念和歌山グランプリ

【10R=S級準決勝】


1着/渡部哲男(S1・愛媛84期)
流れに助けられていますね、今日も松浦君が強かった。
踏み出しも良かったし、東口君にやられた後の踏み直しも凄かった。
抜く、抜かないじゃなくて、シッカリついていくことに集中しました。
脚の状態は初日から変わっていない。
決勝も松浦君へシッカリついていく。


2着/松浦悠士(SS・広島98期)
もう少し末が欲しいですね。
今日はバンクも軽く感じたので、あのまま押し切りたかったんですけど。
最後に垂れてしまったのは自分の脚のなさ、弱いだけです。
身体の状態も良いし、自転車ともマッチしている。
あとはペダリングとかウォーミングアップを考え直したい。
決勝は身体が反応したところで仕掛けていく。


3着/桑原亮(S2・福岡91期)
後ろに正義さんがついてくれていたのが大きかった、凄い力になりました。
今日は踏み出しで遅れたけど、巧い具合につけ直せた、運も良かったです。
記念の決勝に乗るのは初めて、今年のツキを使い果たしたかも(笑)。
松浦君、哲男さんの後ろ、3番手を回らせて貰います。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/村上博幸(SS・京都86期)
稲毛は踏んだ後に1回、緩めたんでね。
思ったような仕掛けではなかったと思うけど、自分は稲毛に合わせて、我慢して残すつもりやった。
大槻との並走が長かったんでね、あそこが勝負所やったかなと。
ワンツーも決まったし、自分の伸びも悪くない。
せやけど、もう1度、セッティングを考え直すべきかなと。


2着/稲毛健太(S1・和歌山97期)
野田さんの先行もあるかと思ったんですけど、結局は先行1車でやり難いところはありましたね。
色々と考えながらも昨日よりは早く仕掛けようと。
感じとしては良いし、ソコソコ踏めていると思います。
今日は長い距離をキレイに脚を回すことを意識していました。
地元優勝を意識し過ぎると自転車も進まなくなるんで自然体で。


3着/大槻寛徳(S1・宮城85期)
最後、感触としては差し切れたって、思ったんですけどね。
だけど決勝には乗れるんで、最低限の結果は残せたと思います。
決勝は北日本の3番手でやります。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/菅田壱道(S1・宮城91期)
森田君が駆けて、僕が中団、ハラケンが後ろ、セオリー通りのレースでした。
森田君のスピードが良かったけど、ハラケンの捲りと被ったら、出られなくなってしまうんで。
勢いのある森田君を捲ることができたのは嬉しいし、気持ちの部分でも攻めることはできていると思う。
あとは毎年、1〜3月くらいはあんまり成績が残せないんですけど、決勝にも乗れますしね。
GP覇者の慎太郎さんもいるし、昨年以上に北日本の存在感を示したい。
流れに身を任せながらも、ここぞという勝負所で攻め切っていく。


2着/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
もう少し自転車が進んで欲しいのが正直なところ。
グランプリに向けてやってきたことで、安心しているのか?疲れが残っているのか?
ちょっとフワッと、したところがあるね。
壱道は森田のスピードが乗っているところでいったから、キツかったと思うけど、よく仕掛けてくれた。
決勝も壱道へついていく。


3着/内藤宣彦(S2・秋田67期)
セッティングをいじって、少し伸びるようになった。
今日は前についていっただけだよ、恵まれました。
記念の決勝に乗ることはそんなに多くないから嬉しいね。
大槻君の後ろ、北日本の4番手。

***************

決勝の並びは
菅田ー佐藤ー大槻ー内藤・松浦ー渡部ー桑原・稲毛ー村上の三分戦。

12

ページの先頭へ

メニューを開く