TOP > 競輪 > 和歌山G3(最終日)レポート

競輪

2020/01/13

Perfecta編集部

和歌山G3(最終日)レポート

和歌山G3(最終日)レポート

2020年1月13日
和歌山G3(最終日)開設70周年記念和歌山グランプリ

【12R=S級決勝】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/稲毛健太(S1・和歌山97期)
3/渡部哲男(S1・愛知84期)
4/大槻寛徳(S1・宮城85期)
5/菅田壱道(S1・宮城91期)
6/桑原亮(S2・福岡91期)
7/松浦悠士(SS・広島98期)
8/内藤宣彦(S2・秋田67期)
9/村上博幸(SS・京都86期)

号砲で、最内の佐藤と大外の村上が前を取り合う。

村上が前を取り切り、近畿2車の前受け。
29・5148・736の三分戦。

青板BS、後方から松浦がジワジワ上昇、赤板突入で、近畿2車を押さえる。

立ち遅れまいと、上から北日本4車も前へ踏む。

そして、打鐘前に菅田が主導権を奪う。

1度は引いた形の稲毛がすぐに巻き返す。

菅田と稲毛がもがき合って、残り1周回。

1234

ページの先頭へ

メニューを開く