TOP > 競輪 > 和歌山G3(最終日)レポート

競輪

2020/01/13

Perfecta編集部

和歌山G3(最終日)レポート

和歌山G3(最終日)レポート

【6R=S級企画レース・ブロックセブン】

1/西岡正一(S1・和歌山84期)
2/島田竜二(S1・熊本76期)
3/萩原孝之(S1・静岡80期)
4/山田諒(S2・岐阜113期)
5/江連和洋(S2・栃木76期)
6/伊東翔貴(S2・福島100期)
7/久米康平(S2・徳島100期)

島田がスタートで勢い良く飛び出し、久米を迎え入れる。
並びはスムースに整い、72・41・3・65で周回を重ねていく。

赤板突入前、まずは後方から伊東が上昇、久米を押さえる。

この動きに合わせて、山田も前へ踏み、伊東マークの江連の外を並走。

そして、山田は打鐘で一気に踏み込んでいく。

山田が駆けて、最終HSを通過。

1234

ページの先頭へ

メニューを開く