TOP > 競輪 > 高松G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/02/01

Perfecta編集部

高松G3(3日目)ピックアップ

高松G3(3日目)ピックアップ

2020年2月1日
高松G3(3日目)開設69周年記念玉藻杯争覇戦

【10R=準決勝戦】


1着/中川誠一郎(SS・熊本85期)
遅いと突っ張られるし、打鐘で来なかったらいく作戦でした。
接触して後輪が不安で、仕掛けようとは思いました。
でも、もし進まなかったらダメなので、4コーナーからいきました。
自転車の進みは、まだ良くないですね。
決勝は単騎で頑張ります。


2着/菊地圭尚(S1・北海道89期)
ちょっと焦って早く踏みすぎましたね。
響平も少し垂れてきていたけど、残せなかったのが……。
最近はGクラスとあまり走っていなかったので、日に、日に思い出している感じ。
苦しいですけど、楽しく走れています。
決勝は北日本ラインの前で、何でもやります。


3着/齋藤登志信(S1・宮城80期)
後輩が頑張ってくれたおかげです。
思ってもいない展開になりましたけど、後ろについた以上は自分の仕事をしないとね。
後ろに誰かいる気配はしていましたけど、自分も必死でした。
決勝も、圭尚の後ろです。

***************

【11R=準決勝戦】


1着/松本貴治(S1・愛媛111期)
1着は良かったです。
後ろがもつれて、スンナリ駆けられました。
最終BSで、東さんと久米さんが並走になっているのも見えていました。
でも、久米さんは脚があるので、大丈夫だと思ったし、駆けてからは全開で踏むだけでした。
脚の感触は昨日の方が軽かったとは思いますが、気持ち的には落ち着いて走れたと思います。
決勝も自力です。


2着/村上博幸(SS・京都86期)
最後はコースが見えていたけど、当たりそうだったから、ゆっくりとコースに入っていきました。
思いっ切り踏めていたら、もっと伸びたとは思います。
ちょっと疲れはあるかなという感じですけど、悪くはないですね。
決勝は松浦君が自力ならば番手にいきます。


3着/久米康平(S2・徳島100期)
ちゃんとついていかなくてはいけないのに、東さんをちょっと気にしてしまいました。
山形さんも仕事していましたし、僕はついていっただけみたいな感じでしたね……。
貴治がシッカリ踏み直してくれたし、ラインのおかげです。
決勝も貴治の番手です。

***************

【12R=準決勝戦】


1着/松浦悠士(SS・広島98期)
雄吾が頑張ってくれたおかげですけど、自分の判断ミスでしたね。
香川さんが落車したのは分かりましたし、不破さんが後ろに入ったのも分かっていました。
雄吾が良いペースで駆けていましたけど、野口さんがもう1度、来た時は雄吾に任せてしまいました。
あそこはもう1度、野口さんを止めるべきでしたね。
自分の後ろにいると思っていたし、持っていったら、内をしゃくられると思って。
持っていけなかったというのもありますけど。
感触は良いですし、今のデキで失敗したくないので、決勝は自力で勝負します。


2着/和田健太郎(S1・千葉87期)
落車したと思いましたよ……運だけは悪くないですね。
野口がズーッと、上にいたので。
どうしようかなと思いましたし、松浦がどこまで持っていくのかを見ていました。
何とも言えないスッキリしない展開でした。
野口も決勝に乗ったことが良かったです。
もちろん、決勝も野口の番手です。


3着/野口裕史(S1・千葉111期)
作戦は前を取って、突っ張ろうと思っていたんですけどね。
落車があって、最初は踏んでついていこうと思いましたけど。
とりあえず仕掛けていったら、松浦と目が合いました(苦笑)。
でも、松浦がタテに踏まなかったので、あそこは助かりましたね。
決勝も先行基本で頑張ります。

***************

決勝の並びは
松浦悠士-村上博幸・松本貴治-久米康平・菊地圭尚-齋藤登志信・野口裕史-和田健太郎・中川誠一郎(単騎)。

12

ページの先頭へ

メニューを開く