TOP > 競輪 > 久留米F2(最終日)レポート

競輪

2020/02/01

Perfecta編集部

久留米F2(最終日)レポート

久留米F2(最終日)レポート

【10R=A級チャレンジ決勝】

磯島ー佐藤の同期ラインが前受け。
打鐘周回に入ると、動きが激しくなるが、磯島ー佐藤は中団をキープ。
そして、最終BS手前から磯島が捲りを放つ。
同じく115期の谷が先行していたが、第2センターで磯島が捲り切る。
最後の直線勝負は磯島と佐藤の一騎打ち。
ゴール線手前で佐藤がかわして1着、2着は磯島、3着は谷となった。


優勝/佐藤礼文(A3・茨城115期)
写真向かって左、青のアンダーシャツの磯島成介(A3・青森115期)のおかげです!
と、佐藤はツーショット写真を希望した。

***************

【11R=A級決勝】

赤板周回突入前、最後方から松岡が前へ踏む。
そして、松岡の主導権で打鐘となるが、すかさず113期の福永が猛ダッシュ。
福永の先行態勢となったものの、松岡は福永の番手にスッポリ収まる。
最終周回、福永を泳がせる形で逃げさせ、脚を溜めた松岡が最後の直線勝負で追い込んで1着に。


優勝/松岡孝高(A1・熊本98期)

12

ページの先頭へ

メニューを開く