TOP > 競輪 > 豊橋G1(3日目)ピックアップ

競輪

2020/02/10

Perfecta編集部

豊橋G1(3日目)ピックアップ

豊橋G1(3日目)ピックアップ

2020年2月10日
豊橋G1(3日目)第35回読売新聞社杯 全日本選抜競輪

【10R=S級準決勝】


1着/清水裕友(SS・山口105期)
賢人がきた時はビックリしましたけど、結果的に打鐘で先頭になれたのは良かった。
初日が良かった分、疲れもあるんですけど。
調子自体は良いと思う、シッカリ修正していきたい。
2日目のスタールビー賞と同じ、松浦さんの番手へ。
話し合う時間も長くなかったです。
G1タイトルは獲りたいけど、自分は2着とか3着とかそういう星の下なんですかね(苦笑)。
気負わずに自然体で。


2着/山田英明(S1・佐賀89期)
賢人の気持ちが伝わってきただけに、連携を外してしまったのは反省です。
1日目、2日目を先行して勝つことができたのは準決勝での自信になった。
昨年、グランプリ出場を懸けた争いをしている中で、不甲斐ないレースも多かったので。
だからこそ一戦、一戦をシッカリ走ること、昨年の分も取り戻す気持ちで今開催に臨んだ。
決勝進出はノルマだと思っていたし、ここからが勝負。
自分は単騎で優勝を狙っていきます。


3着/村上博幸(SS・京都86期)
準決勝は清水君が強くて、恵まれました。
現状の脚としてはこんなもの、ハコ3ですし。
そんな中、セッティングを見直して、状況に合うようにはできているかなと。
決勝はもちろん、竜生の後ろへ。

123

ページの先頭へ

メニューを開く