TOP > 競輪 > 豊橋G1(最終日)レポート

競輪

2020/02/11

Perfecta編集部

豊橋G1(最終日)レポート

豊橋G1(最終日)レポート

2020年2月11日
豊橋G1(最終日)第35回読売新聞社杯 全日本選抜競輪

【12R=S級決勝】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/村上博幸(SS・京都86期)
3/松浦悠士(SS・広島98期)
4/和田健太郎(S1・千葉87期)
5/平原康多(SS・埼玉87期)
6/山田英明(S1・佐賀89期)
7/郡司浩平(SS・神奈川99期)
8/三谷竜生(S1・奈良101期)
9/清水裕友(SS・山口105期)

号砲で外から三谷、内から村上が飛び出す。

近畿ラインの前受けで、82・39・51・74・6の細切れ戦。

赤板突入、まずは郡司が動く。
すかさず平原が叩くが、三谷も仕掛けていく。
目まぐるしい展開の中で打鐘となる。

打鐘後、3コーナーから松浦が動く。

そして、中国ラインの主導権で残り1周回。

最終BS、5番手で車間を切っていた単騎・山田が捲りを放っていく。
その動きを察知した清水が3コーナーから番手捲り。

最後の直線勝負、山田と平原も猛追。
しかし、清水が押し切ってゴールラインを駆け抜ける。
2着は山田の動きに乗った平原、3着は山田となった。

12

ページの先頭へ

メニューを開く