TOP > 競輪 > 松山G3(最終日)レポート

競輪

2020/03/15

Perfecta編集部

松山G3(最終日)レポート

松山G3(最終日)レポート

2020年3月15日
松山G3(最終日)開設70周年記念 金亀杯争覇戦

【12R=S級決勝】

1/松浦悠士(SS・広島98期)
2/平原康多(SS・埼玉87期)
3/中川誠一郎(SS・熊本85期)
4/稲川翔(S2・大阪90期)
5/守澤太志(S1・秋田96期)
6/根田空史(S1・千葉94期)
7/杉森輝大(S1・茨城103期)
8/志智俊夫(S1・岐阜70期)
9/諸橋愛(S1・新潟79期)

守澤がSを取って、根田ー守澤の2車が前受けに。
65・29・148・3・7の細切れ戦。

青板BSから松浦が上昇、根田にフタをする。

赤板突入で松浦が前に出て、誘導を切る。

松浦はペースを緩めながら後方の仕掛けを確認。

打鐘で松浦ー稲川ー志智の3車が出切る。

だが、すかさず平原がカマシていく。

平原の先行で残り1周回。
松浦は平原ー諸橋の後ろに収まるが、単騎の中川が外併走。

平原の番手・諸橋は車間を開けて、後続の仕掛けを遅らせる。

松浦と中川の激しい3番手争いが続きながら最終BSを通過。

依然、逃げる平原を諸橋が援護。

最後の直線勝負、諸橋が猛追するが、平原が押し切って1着。
2着に諸橋、3着は中川と競り合った松浦となった。
平原は今年1月の大宮記念以来、通算22回目のG3制覇。
高いレベルで安定した走りは他の追随を許さない。

優勝/平原康多(SS・埼玉87期)
レース前から諸橋さんとは「先行もあるかも知れない」と、話していた。
そうなった時はお互いに死ぬ気で仕事をしようって。
松浦が待っている感じで、そこで根田がきたら展開的に厳しくなるので、腹を括っていきました。
最終BSでは諸橋さんが優勝だなって、まさか最後まで押し切れるとは。
昨年、一昨年も調子自体は悪くなかったんです。
でも、フレームなどで試行錯誤して、結果が伴わずにファンにも迷惑を掛けてしまった。
ただ、昨年や一昨年の失敗があるからこそ今がある。
練習でやっていることがレースにも出せている。
動きたいところで動けている、自分の“走り”になっていますね。
次のウィナーズカップ(福井G2)も優勝を狙って、頑張っていきたいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く