TOP > 競輪 > 久留米G3(最終日)レポート

競輪

2020/03/22

Perfecta編集部

久留米G3(最終日)レポート

久留米G3(最終日)レポート

2020年3月22日
久留米G3(最終日)第10回国際自転車トラック競技支援競輪

【12R=S級決勝】

1/阿竹智史(S1・徳島90期)
2/岡村潤(S1・静岡86期)
3/菅田壱道(S1・宮城91期)
4/志村太賀(S1・山梨90期)
5/南修二(S1・大阪88期)
6/久米康平(S2・徳島100期)
7/櫻井正孝(S1・宮城100期)
8/藤井栄二(S2・兵庫99期)
9/竹内翼(S1・広島109期)

スタートで牽制があったものの、1・阿竹が出る形に。
初手の隊列は961・732・85・4となる。

まずは藤井が上昇を開始し、赤板で竹内を押さえて先頭に立つ。

赤板2コーナーから櫻井が一気にスパート。
打鐘で藤井を叩き切り、主導権を奪い返す。

櫻井の先行で、最終HSは732・85・4・961で通過していく。

最終1コーナーで中団の藤井が捲りに出る。

車間を切って警戒していた菅田。
最終BSで藤井に合わせて、番手捲りで抜け出しを図る。

俊敏に切り替えた南が菅田を追う。

南も直線で詰め寄るが、菅田がそのまま押し切って優勝。
G3の優勝は2009年・久留米、2018年・大宮に次いで通算3回目となった。
2着は南、3着は単騎戦で近畿ラインの後位からレースを進めた志村が入線した。

優勝/菅田壱道(S1・宮城91期)
今日は櫻井君に全部、任せていました。
作戦もなかったのですが、思った通りに櫻井君が動いてくれて、呼吸が合っていましたね。
瞬時の判断も良かったし、後ろで見ていても、本当に頼もしかったです。
自分も番手でやれることをやって、シッカリと櫻井の先行に応えようと。
番手からの仕掛け所は難しかったです。
最後も無我夢中で、全然、後ろの状況は分かっていませんでした。
でも、櫻井の先行を無駄にすることはできませんからね。
10年前はここの記念を自力で獲った。
だけど今回は後輩の思いもあったし、色々なものが乗っかって優勝できた。
一味違いますね。
このレースを北日本の後輩たちも見て、何かを感じ取ってくれたら嬉しいです。

12

ページの先頭へ

メニューを開く