TOP > 競輪 > 3/23=卒業記念レース

競輪

2020/03/23

Perfecta編集部

3/23=卒業記念レース

3/23=卒業記念レース

【118回選手候補生決勝】

1/尾方真生(福岡20歳)予選=1着・3着
2/西島叶子(熊本25歳)予選=1着・2着
3/下条未悠(富山19歳)予選=3着・1着
4/永禮美瑠(愛知19歳)予選=2着・2着
5/青木美保(埼玉22歳)予選=2着・2着
6/増田夕華(岐阜19歳)予選=2着・3着
7/永塚祐子(神奈川34歳)予選=1着・1着


打鐘


最終HS


最終BS


最終第3コーナー


最終第4コーナー


ゴール

優勝/尾方真生(福岡20歳)
捲りが得意なので、決勝競争ではそれを活かした走りをしたいと、考えていました。
競争訓練では焦ってしまうことも多かったんですけど、今日は冷静に判断、走れました。
私は元々、陸上(短距離)をやっていました。
高校時代(九州学院)の下宿先の方に競輪を勧められました。
地元の熊本競輪場で練習を見学、競輪選手たちのスピードに憧れて、競輪選手になろうと。
大学(尚絅学園)を休学して、養成所に入りました。
もう1年、休学してみて……競輪選手と両立できるようだったら、復学したいです。
登録を福岡にしたのは強いガールズの先輩方がたくさんいる。
藤田剣次さんの下、久留米ガールズの先輩方と一緒にもがき合って、もっと強くなりたいです。
目標は児玉碧衣さん、ガールズグランプリに出て、優勝するのが目標です。


2着/西島叶子(熊本25歳)
3着/永禮美瑠(愛知19歳)


優勝の尾方選手候補生、滝澤正光所長と共に

12

ページの先頭へ

メニューを開く