TOP > 競輪 > 福井G2(2日目)ピックアップ

競輪

2020/03/27

Perfecta編集部

福井G2(2日目)ピックアップ

福井G2(2日目)ピックアップ

2020年3月27日
福井G2(2日目)第4回ウィナーズカップ

【12R=S級毘沙門天賞】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/村上博幸(SS・京都86期)
3/清水裕友(SS・山口105期)
4/稲毛健太(S1・和歌山97期)
5/郡司浩平(SS・神奈川99期)
6/柴崎淳(S1・三重91期)
7/岩本俊介(S1・千葉94期)
8/松坂洋平(S1・神奈川89期)
9/原田研太朗(S1・徳島98期)

村上がSを取り、近畿2車の前受け。
42・61・39・758の並びで周回を重ねていく。

赤板突入、まずは清水が前へ出る。

しかし、すかさず岩本が清水を叩く。

南関3車が出切ったところで打鐘。

南関3車の後ろの位置を取っていた清水が赤板4コーナーから仕掛ける。

そして、清水は最終HSで一気にスパート。

清水が岩本から主導権を奪う。
最終2コーナー、岩本の番手・郡司が柴崎の内から切り替え、捲りを打つ。

最終BSを過ぎ、郡司は同県の先輩・松坂を引き連れ、前の清水ー原田ラインを飲み込んでいく。

最後の直線勝負、郡司ー松坂の後ろには3コーナーから切り替えた佐藤、惰性を貰った村上が続く。

しかし、郡司が押し切って1着。
2着は松坂、3着は佐藤となった。


1着/郡司浩平(SS・神奈川99期)
清水君が良い位置を取ってたんで、最終BSでどう対応しようかと。
それがあったからHSでは反応できなかったですね。
清水君も自分の番手捲りが頭にあったと思うので、早目に仕掛けたんじゃないですかね。
清水君と原田君にいかれた時点で、岩本さんには申し訳なかったですけど、スイッチさせて貰いました。
やっぱり、人気を背負っていたのもあったので。
岩本さんが力を出し切る前に終わってしまったレースだったのは反省。
決勝に乗るのが最低条件だと思ってきているので、準決勝もシッカリ勝ち上がれるように。

ページの先頭へ

メニューを開く