TOP > 競輪 > 福井G2(最終日)レポート

競輪

2020/03/29

Perfecta編集部

福井G2(最終日)レポート

福井G2(最終日)レポート

2020年3月29日
福井G2(最終日)第4回ウィナーズカップ

【12R=S級決勝】

1/清水裕友(SS・山口105期)
2/吉田敏洋(S1・愛知85期)
3/守澤太志(S1・秋田96期)
4/古性優作(S1・大阪100期)
5/原田研太朗(S1・徳島98期)
6/柏野智典(S1・岡山88期)
7/松浦悠士(SS・広島98期)
8/高橋晋也(S2・福島115期)
9/和田健太郎(S1・千葉87期)

スタートで3・守澤が出て、高橋を迎え入れ、北日本ラインが前受け。

隊列は83・9・176・2・4・5で周回を重ねていく。

赤板でも動きはなく、そのままの隊列でレースが進む。

赤板過ぎ2コーナーから中団の清水がスパートして高橋を叩く。

打鐘から中国ラインが主導権を握っていく。

清水の先行で、最終HSは176・2・4・83・9・5で通過。

松浦は車間を切って後続を牽制する中、最終2コーナーから高橋が捲り発進。
最終BSでは逃げる中国ラインに、高橋が好スピードで迫っていく。

高橋の捲りを察知した松浦は最終3コーナーから番手捲りで抜け出していく。直線では高橋の番手から守澤も差し脚を伸ばしてくる。

しかし、松浦が押し切って昨年11月の競輪祭に次いで、ビッグレース2回目の優勝を果たした。
2着に守澤、3着にはビッグレース初出場の高橋が入線した。


優勝/松浦悠士(SS・広島98期)
ラインの力のおかげです。
高橋君が前に出て、その後が取れたので、単騎勢が動いてくれたらなと思っていた。
清水君が赤板前からソワソワしていたので、これはいくと思いました。
清水君の先行はかなりかかっていて、自分もツキバテしそうだった。
でも、何とか押し切れて良かった、本当に頼もしいですね。
高橋君が捲ってきたのが見えた時、シッカリ前に踏んで、後ろの柏野さんもヨコの動きをしてくれていた。
本当にラインの力で獲れた優勝でした。
自分はミッドナイトは走った経験もあるので、無観客開催はモチベーションに影響ない。
だけど優勝した後に声援がないのはかなり寂しかったです。
全日本選抜で落車してケガをしましたが、今までの落車の経験を糧にして、調子を取り戻せたことが優勝に繋がりました。
タイトルを獲っていきたい気持ちは変わらないし、残りのG1でもタイトルをシッカリ狙っていきたいと思います。
これからも良いレースを見せていきたいと思いますので、応援、宜しくお願いします!


2着/守澤太志(S1・秋田96期)
清水が普通に切りにくれば良かったですが、難しいタイミングできましたね。
でも、そこからは高橋君が本当に強かったです。
いや、超強かったです。
自分は古性君とかに入られないように注意していました。
最後は届いたかな?と、思いましけどね(苦笑)。
でも、あそこまで迫ることができましたし。
また、頑張ります。


3着/高橋晋也(S2・福島115期)
前を取って、引いて勝負の作戦でした。
一瞬、突っ張ろうか迷いましたけど、2車だから。
もし突っ張っても、守澤さんが仕事をした時に内を突かれるかなと。
単騎の選手もついてきたので6番手に入れました。
2センターでは確信があったけど、松浦さんは清水の思いもあって、盛り返されてしまいましたね。
悔しいですが、楽しかったです。
次に繋がると思います。


4着/古性優作(S1・大阪100期)
周回中に考えた選択肢は一杯ありましたが……これが今の自分の実力ですね。
みんなが強かったし、自分も道中、楽だったら仕掛けていけたと思いますけど、仕掛けられませんでした。
松浦が勝つレースをやらせてしまいましたね。
アクションしないといけませんでした。
次のG1ではもっと頑張ります。

12

ページの先頭へ

メニューを開く