TOP > 競輪 > 高知G3(最終日)レポート

競輪

2020/04/05

Perfecta編集部

高知G3(最終日)レポート

高知G3(最終日)レポート

2020年4月5日
高知G3(最終日)開設70周年記念 よさこい賞争覇戦

【12R=S級決勝】

1/佐藤慎太郎(SS・福島78期)
2/渡邊雄太(S1・静岡105期)
3/小川真太郎(S1・徳島107期)
4/岡光良(S1・埼玉94期)
5/浅井康太(SS・三重90期)
6/山中貴雄(S1・高知90期)
7/三谷竜生(S1・奈良101期)
8/近藤龍徳(S1・愛知101期)
9/吉澤純平(S1・茨城101期)

号砲と共に、浅井と近藤が飛び出した。

そのまま中部2車が前受けとなり、58・94・21・7・36の並びとなる。

赤板2コーナー過ぎから後方の小川がジワジワ上昇。
この動きに単騎の三谷も乗ったところで打鐘を迎える。

小川が浅井を押さえるが、すかさず渡邊も仕掛けていく。

最終HS、吉澤が一気に踏み込んでいく。
番手の岡が離れてしまい、吉澤の後ろには渡邊ー佐藤が収まる形に。

吉澤ー岡の隊列が崩れ、中団には地元・四国地区2車。
少し車間を切って、単騎の三谷、後ろに引いた中部2車の一本棒となる。

最終2コーナー過ぎ、8番手から浅井が捲りを放っていく。
浅井マークの近藤もシッカリ追走、最終BS過ぎで中団まで上がってくる。

中部2車は最終4コーナー手前で前団を飲み込み、最後の直線勝負。

浅井がそのまま押し切って、1着でゴールラインに駆け込んだ。
2着は浅井マークの近藤で、中部ワンツーを決める。
3着には最内へ切り込んでいった佐藤が入線した。


優勝/浅井康太(S1・三重90期)
今、日本中が大変な時期ではあるんですけれども。
自分たちは自分たちの仕事をやるだけ。
S級S班の時は勝たなければいけないというプレッシャーが凄くあった。
S級1班になってからは自分の走りができているし、挑戦者になれている。
『王者の前受け』というくらいですから、一番人気を背負っていたし、前にでました(笑)。
前に三谷君がいたんですけど、自分のタイミングでいければチャンスはあると。
踏み出した感触でいけるって、思いました。
あとは渡邊君が良い目標になったので、凄い伸びましたね。
地元の四日市、ダービーと、続くのでシッカリ結果を出していきたいです。
無観客開催が続いていて、自分たちも寂しいし、ファンの方も寂しいと思います。
新型コロナウイルスの影響がなくなったら、是非、応援にきて欲しいです。
自分も優勝して、ファンの方の声援が聞きたいですから。

浅井は2月末の静岡記念以来、通算27回目のG3制覇。

12

ページの先頭へ

メニューを開く