TOP > 競輪 > 小田原G3(最終日)レポート

競輪

2017/08/29

Perfecta編集部

小田原G3(最終日)レポート

小田原G3(最終日)レポート

2017年8月29日
小田原G3北条早雲杯争奪戦(最終日)

【9R=S級ブロックセブン】

1/渡邉雄太(静岡105期)
2/岡崎智哉(大阪96期)
3/池田良(広島91期)
4/川津悠揮(北海道96期)
5/田村真広(群馬83期)
6/村上卓茂(愛知84期)
7/佐藤幸治(長崎92期)

『推理しやすい・分かりやすい・的中しやすい』
というコンセプトのブロックセブンは各地区から1選手が斡旋されての一発勝負。
初手は154・26・3・7、赤板周回前からまずは単騎の佐藤が仕掛ける。
打鐘前の第1センターから上昇していた岡崎と村上が前へ。
本命の渡邉は5番手の位置取り。

最終BSで池田が捲り、渡邉も長い捲りを見せるが、まだまだ届かない。

それでも渡邉はジリジリと差を詰め、第4コーナーからの勝負。
333mバンクの短い直線だったが、差し切って見事に1着。

1着/渡邉雄太(静岡105期)
危なかった、恐かった、内容があまり……。
3連単でオッズが10倍くらいだったので緊張した。
単発レース、調整が難しい。
次は青森F1(9/4〜6)、自力で優勝できるように頑張ります。
共同通信杯(9/15〜18・武雄G2)ですか?目の前のF1を全力です(笑)。

12

無料メルマガ登録

ページの先頭へ

メニューを開く