TOP > 競輪 > 久留米G3(3日目)ピックアップ

競輪

2020/06/08

Perfecta編集部

久留米G3(3日目)ピックアップ

久留米G3(3日目)ピックアップ

2020年6月8日
久留米G3(3日目)開設71周年記念 第26回中野カップレース

【10R=S級準決勝】


1着/山本直(S2・岡山101期)
脚の感じは良いんですけど、まだまだ番手の勉強不足。
自分が車間を開けていたら、ワンツースリーを決められたかも知れない。
申し訳ない、反省点です。
記念の決勝は何年か前の取手記念以来、2回目、その時よりは成長しているかなと。
久留米は相性が良い、毎回、呼んで欲しいです(笑)。
決勝は岩津さんと、自力で頑張ります。


2着/中川誠一郎(SS・熊本85期)
河端君が強かったですね。
原田君と被りたくなくて踏んだ、出なかったですね。
感触的には2センターまで待てば、最後は突き抜けたかも知れないですけど。


3着/香川雄介(S1・香川76期)
戦いやすいメンバーとは思っていたんですけど。
もうイッパイ、シンドかったですわ。
研太朗がタイミングを逃した感じ、最終BSで自分は9番手やったんでね。
正直、前は遠い思うていました。
強の勢いを貰えた、自分が番手やったらダメやったん違いますかね。

***************

【11R=S級準決勝】


1着/松浦悠士(SS・広島98期)
赤板過ぎに吉本さんが下げてくれたんでラッキーとは思ったんですけどね。
併走が長くて、脚を削ってしまった。
真太郎君も最終2コーナーから先捲りかと、抜きにいくまで時間が掛かり、そこでも脚を使いましたね。
ここまで3走して、自分が思っているよりも先に仕掛けないと、その辺りは修正していきたい。
レース内容には満足していないし、1〜2日目の分も取り返せていない、決勝で頑張る。


2着/坂本健太郎(S1・福岡86期)
開催前は卓仁とモガキ合っていたので、呼吸は合っていたと思う。
今日は卓仁の後輪だけを見て、走っていた。
卓仁の先行を無駄にせんで良かった。
準決勝の強いメンバーになると、俺の技量じゃ残せんかったです。
今開催は九州の先輩や後輩たちに助けられた、久留米記念の決勝は初めて。


3着/阿竹智史(S1・徳島90期)
ここまで走って、脚の感触は良い感じですね。
真太郎が2コーナーからいってくれたのは嬉しかった。
真太郎は最後まで踏むから、その後に踏もうと思っていました。
3着・5着・3着での決勝ですけど、本当に脚の感じは悪くない。
あとはキッチリと、シッカリと、レースができるかどうか。

***************

【12R=S級準決勝】


1着/岩津裕介(S1・岡山87期)
約2ヶ月ぶりのレースですけど、練習もちゃんとやっていたし。
もう何十年も走っているので、レース勘に関しては何の問題ない。
今日は翼も強いし、昌己もついているし、苦しかったんですけど。
決勝は話し合った結果、岡山の2人で走ります。


2着/清水裕友(SS・山口105期)
いやー、最終HSより早くいけるところがあったんですけどね。
見過ぎちゃいました、緩むところがあるかなとは思っていたんですけど、脚が折り合わなかったです。
踏み出してからは……調子が良ければスピードはまだ出るかなって。
松浦さんと別線で戦ったことはないので、戦いたい気持ちはありますよ。
でも、無理に別線になる必要もないんで、今からケンカでもしてきますか?(笑)
初日と同じ、自分が松浦さんの後ろで。


3着/野田源一(S1・福岡81期)
初手で北津留ラインの後ろについていくのを決めました。
清水が早く動くかなとは思っていたけど、意外と、こなかったですよね。
それで良いスピードできたんで、ちょっと遅れちゃいました。
清水が出切ってからは哲男を捌かないと、チャンスはなかったんで。
久留米記念の決勝は初めて、悔いのないように出し切って終わりたいです。

***************

注目の中国は別線になり、決勝の並びは下記の通り。

中川ー坂本・松浦ー清水・阿竹ー香川・山本ー岩津・野田の細切れ戦。

ページの先頭へ

メニューを開く