TOP > 競輪 > 青森G3(最終日)レポート

競輪

2020/06/14

Perfecta編集部

青森G3(最終日)レポート

青森G3(最終日)レポート

2020年6月14日
青森G3(最終日)第11回国際自転車トラック競技支援競輪

【11R=S級決勝】

1/渡邉晴智(S1・静岡73期)
2/朝倉佳弘(S1・東京90期)
3/長島大介(S1・栃木96期)
4/蒔田英彦(S2・千葉93期)
5/山下渡(S2・茨城91期)
6/伊早坂駿一(S1・茨城105期)
7/鈴木庸之(S1・新潟92期)
8/隅田洋介(S2・栃木107期)
9/山賀雅仁(S1・千葉87期)

内枠の渡邉と朝倉が飛び出す。
渡邉がSを取って、南関3車の前受けとなる。
1周回する間に隊列は整い、491・72・38・65の四分戦。

青板2センター、まずは最後方の伊早坂が動く。

赤板HS手前、3番手の位置から鈴木も蒔田を抑えにいく。

しかし、すかさず伊早坂が叩く。

そして、伊早坂の主導権で打鐘。

伊早坂の先行で最終HSを通過。
5番手の位置から蒔田が巻き返す。

しかし、蒔田の反撃も及ばず。
最終2コーナーから鈴木が先捲り、8番手から長島も捲りを放つ。

鈴木の主導権で最終BSを通過、栃木2車も猛追。
最終4コーナー、鈴木は踏み直し、粘りを見せる。

だが、最後の直線で外が伸びる青森バンク。
長島の捲りに乗った隅田がゴール線間際で差し切る。
隅田はS級初決勝(F1含む)でG3初制覇。
2着に鈴木、3着には長島が入線した。

隅田は来期(7月1日)、A級に降級。
であるが、8月末日の開催までに特別昇班を果たせば、11月の小倉G1競輪祭の出場権利がある。

優勝/隅田洋介(S2・栃木107期)
9番手でしたけど、あの位置からでも最後は届くって、思っていました。
大介(長島)とは練習仲間でズーッと、一緒に練習していますしね。
S級初制覇は本当に嬉しい……はい、F1でも準決勝4着まで。
でも、自分で風を切っていないんでね(苦笑)。
リフレッシュと言うか、自在に動けたことは自信にはなるんですけど。
まだ追い込み選手ではないんで、やっぱり、自力で優勝したかった気持ちも強い。
今度は大介の前でやりたいです。
来期からA級に落ちてしまいますが。
せっかく競輪祭の出場権利を得たので、どうにか特別昇班で8月までにS級へ戻ってきたい。

ページの先頭へ

メニューを開く